zakionote

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

日焼けサロンに行ったり肌を焼くと皮膚癌になるのか?!

 

日焼けサロンに行ったり肌を焼くと皮膚癌になるのか?!

 

数年前までに日焼けサロンでこんがり焼いていたザキオノ(@loscluza12)です。

でも今は日焼けすることすら避けています。

 

皮膚癌も怖いですし、この歳になってシミやシワが気になる中年おっさーんだからです。

 

はい、今回は、そもそも日焼けって体に良いのか、日焼けサロンで日焼けして大丈夫なのか、疑問に思ったのでガッツリ調べてみました。

 

日焼けしたいけど、なんとなく不安な人

日焼けサロンは大丈夫なのか?

日焼けして皮膚癌にならないのか?

 

そんなお悩みを持つ方に読んで頂きたい記事になっています。

 

 

日焼けサロンに行ったり肌を焼くと皮膚癌になるのか?!

日焼けすると皮膚癌になるのか?!

はい、結論から言います。

 

なります」という断言より、「皮膚癌につながる」という表現の方が適していますかね。

 

ただし!!

 

たばこを吸うと肺癌になるかと言われると、なる人もいれば、ならない人ということと同じように、

 

日焼けすれば全員皮膚癌になるかというと、なる人もいれば、ならない人もいます。

また、たばこを吸っていない人でも肺癌になる人もいますし、日焼けではない別の原因で皮膚癌になる人もいます。

 

皮膚癌の統計は?

そして、数字で見ることでより具体的にわかってくることがあります。

「国立がん研究センター:がん情報サービスの公式サイト」で調べてみました。

 

まずは部位別でどの癌の死亡が多いかは以下の通りです。

 

【2018年:部位別癌死亡数】

f:id:pk-lc12:20200516123809p:plain

 

皮膚癌での死亡数は、「その他」の中に含まれていますが、サイト内のエクセルデータでは、

男性:813人
女性:809人

という数字でした。

 

肺癌、胃癌、膵臓癌と比べると桁違いに死亡数が少ないことがわかります。

 

2016年:皮膚癌の罹患数
男性:12,238人
女性:12,269人

※罹患数は2016年が最新でした。

 

 

【2018年:男性の皮膚癌死亡統計】 

f:id:pk-lc12:20200516122147p:plain


 

2018年:女性の皮膚癌死亡統計】 

f:id:pk-lc12:20200516122018p:plain

 

 皮膚癌は男性女性共に高齢になればなるほど死亡数が増えていきます

 

 引用:国立がん研究センター:がん情報サービス

 

この統計からわかることは、肺癌や胃癌に比べて罹患者数も死亡率も低いということです。

 

更に日焼け限定だったり日焼けサロンが原因での罹患数・死亡者数は、絶対数が少ないのでデータとして取られていないでしょう。というか限定で取れないと思います。

 

また、皮膚癌は男女でそれほど変わらないことがわかります。

 

建築工事現場や外で働く仕事が多い男性の方が、日焼けする率も高いと思いますが、あまり関係ないみたいですね。

 

結局、日焼けサロンで日焼けして良いのか?

自己責任が大前提ですが、良いと思います。


皮膚癌の統計上でも問題ないと思いますし、日焼けサロンで日焼けしても問題はないのかなと考えます。

 

そんな小生も、若い頃は、日焼けサロンで下地を作ってから海で日焼けしていました。

 

30代後半までは、割と細マッチョの体型を維持できたので、筋肉の影とかできて、よりカッコよく見えるんですよね。

 

ボディービルダーも筋肉の見え方が良くなるから日サロに行っているのだと思います。

 

しげる松崎さんだっていまだに真っ黒ですよね?

 

ただ、小生はある日焼けサロンで結構なやけどをして以来行っていません。

 

下地を作るために短時間、照度も弱めだったはずなのに、Tバックを履いたようなケツの割れ目に日焼け跡が残るは、真赤になって痛いわでトラウマです。

 

皮膚科の先生に「日焼け」について聞いてみた

花粉症によるアトピー症状を抑える薬をもらうために、かかりつけの皮膚科に行った時、ついでに先生に日焼けや日焼けサロンについて質問してみました。

 

先生曰く、

「日焼けサロンが絶対ダメとは言いませんが、少なくとも肌へのダメージや、眼の障害の報告もあります。海外では日焼けサロンを禁止している国もあります。仕事柄、若い頃日焼けでシミだらけになった女性の相談も多く受けます。

 

そのリスクをわかった上で日焼けするのであれば良いかもしれませんが、結局自分の肌は自分でしか守れません。私も極力日焼けしませんからね。」

 

まぁ、皮膚科の先生からするとそうでしょうね。

眼科の先生のレーシックに対する見解と似ています。

海外では日焼けサロンが禁止されている?!

現在、オーストラリア、ブラジル、スペイン、フランス、イギリス、アメリカ(約30州)

といった国が日焼けサロンの禁止、もしくは年齢制限を設けています。

 

特に、オーストラリアは皮膚癌の発症率が世界でもトップクラスで、屋外での日光浴も日焼けマシンも百害あって一利なしと判断し、法的規制をしているそう。

 

オーストラリアは、紫外線を吸収する大気圏のオゾン層が薄いので、紫外線が強く皮膚癌の発症リスクが他の国よりも異常に高いのです。

 

オーストラリアは、70歳までに3人に2人が皮膚癌を発症している

 

オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある「がん評議会」の調査によると、35歳までに日焼けマシンを使った人は、使わなかった人よりも発症率が59%高いと発表している。

 

同州内では、毎年10人が日焼けマシンで皮膚癌になり、死亡していると発表している。

 

オーストラリアという地域だったり、白人の肌の質も関係しているのでしょうか。

 

それにしても3人に2人が皮膚癌発症していたり、日焼けマシンを使った人が60%近くも使わなかった人よりも癌発症率が高いなんで、ちょっと怖いですね・・・。

 

日焼けサロンの見解は?!

小生も一時期通っていた、大手日焼けサロン『SOLE』の公式サイトでは、日焼けについて以下の通り説明しています。

 

タンニングの効果としては、細胞の活性化、皮膚病の予防、生命活動に不可欠なビタミンD3を体内で作るはたらきがあり、その結果、カルシウムの吸収を促進、骨を丈夫にして身体の免疫能力を高める事により、さまざまな病気の予防や回復につながります。


今や「タンニング=ファッション」と認識されつつあるなかで、SOLEのタンニングは本来ヨーロッパで生まれた物理療法の中の光線治療(フォトテラピー)の大きな役割を果たすという、健康面で大きな効果があるのです。

 

日焼けによる皮膚癌のリスクがそれほどでもなく、日焼けによる効果のメリットの方が断然大きいということですね。

 

まとめ

日焼けすると、少なくともシミやシワになりやすかったり、皮膚癌のおそれもあると言われていますが、自分の肌にあった適度な日焼けだったら良いのかもしれませんね。

 

やっぱり、夏は少し焼いていた方が健康的に見えますし、カッコいいなとも思います。

 

ただし、くどいですが、日焼けは自己責任ですよ!!

 

何年後かに「あー、日焼けしなければ良かった」と後悔しないように・・・。

 

 

関連記事

日焼け厳禁、色白な肌を保ちたい女性の日焼け対策はどんなものがあるのでしょうか?

この夏も紫外線から肌を守るなら、しっかりと対策しましょうね。

 

www.loscluza12.net