zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

乾燥肌ってシャワーだけだとダメなの!?有効的なお風呂スキンケア法を紹介

スポンサーリンク

乾燥肌ってシャワーだけだとダメなの!?有効的なお風呂スキンケア法を紹介


冬場は乾燥してお肌がガサガサになりますよね。乾燥させないように湯船につからずシャワーだけで済ます人も多いはず。

乾燥肌さんは湯船につかると良くないんでしょうか。そこで今回は乾燥肌さんだけではない、乾燥を防ぐ有効的なスキンケア方法をご紹介します。普通肌さんでも油断は禁物ですよ。

この記事を読んで乾燥させない入浴の仕方を知ってくださいね。

乾燥肌ってシャワーだけだとダメなのか知りたい

f:id:pk-lc12:20210924164137j:plain


論理的に言えば、乾燥肌さんは湯船につからずシャワーだけの方が乾燥を招きにくくなります

湯船につかるとどうしても皮脂まで流してしまいます。そのため水に触れる時間が短いシャワーだけの方が皮脂を洗い流す量は減ります。

ただしシャワーを長く使いすぎるのはかえって逆効果。シャワーの水流が角質層を傷つけて乾燥肌の原因になってしまいます。

一番いいのは洗面器にお湯を張って流すこと。シャワーよりも水流が優しく角質層が傷つくこともありません。

また、乾燥肌さんはシャワーの水温も気を付けなければいけません。水温が40℃を超えると皮膚の保湿成分であるセラミドが流れて乾燥肌を引き起こしてしまうと言われています。

冬の寒い時期には熱めのシャワーで温まりたいところですが、お肌のためには少しぬるめが適温のようです。


乾燥肌は湯船につかってもいい?

f:id:pk-lc12:20210924164111j:plain


シャワーだけの方が乾燥しにくいとご紹介しましたが実は乾燥肌さんでも湯船につかる方が良いと言われています。湯船につかると角質が柔らかくなり化粧水やボディクリームなどの浸透が良くなります。

そのため、湯上り後すぐにスキンケアをすればお肌が吸収して乾燥を防ぎ、スキンケアの効果を感じることができるでしょう。

乾燥肌さんが湯船につかる際に気を付けたいのはお湯の温度と入浴時間です。水温は37℃~39℃とぬるめで10分程度の短時間だと乾燥を防ぐことができます。

普通肌さんでも熱めの長風呂はお肌の乾燥を促進させてしまうので、ぬるめの短時間入浴を心掛けましょうね。

それでも乾燥が気になる人は入浴剤を入れるといいですよ。入浴剤効果で乾燥を抑えうるおい肌が期待できます。そのためには保湿成分入りの入浴剤を選びます。


おすすめなのは、ハーブ系やオイル系です。ハーブだとアレルギーが出にくく植物由来なためお肌に優しく使えます。スクワランやホホバオイル、ココナッツオイルや月見草オイルなどでお肌もしっとり。

湯船に入れる前に一度お肌に付けてから使用すると安心ですね。乾燥肌さんは保湿成分入りのほかに低刺激のものを選んでください。

パパイン酵素やパンクレアチンなど酵素系成分は洗浄成分が高いためお肌が弱い人には刺激になる可能性があります。成分表を見て選ぶようにしましょう。

 

こちらの入浴剤がおすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

乾燥肌さんだけではない!美肌に効果的なスキンケアとは?

f:id:pk-lc12:20210924164120j:plain

ナイロンタオルやボディタオルでゴシゴシ洗わない

汚れを落とそうとナイロンタオルなどで体をゴシゴシと強くこすっていませんか。強くこすり過ぎると肌のバリア機能が壊れてしまいます。

乾燥肌さんはもちろんのこと、普通肌さんにとっても痒みやかぶれの原因に。背中ニキビのリスクも高まるそうですよ。

皮膚はターンオーバーによって28日周期でいらないものは勝手に剥がれ落ちていきます。ゴシゴシと強くこすらなくても自然と新しい皮膚ができるんです。

このことから体は洗わず湯船につかるだけでもいいとさえ言われています。そういわれてもやっぱり洗わないと何だか臭いそうで気になりますよね。

美肌に近づくケア方法としてはたっぷりの泡でタオルなどを使わず手で優しく洗うこと。こうするとこで肌のバリア機能を壊すことなく体を洗うことができます。乾燥肌防止にも効果的なので試してみてくださいね。


保湿成分入りのボディウォッシュを使う

ボディウォッシュの中には保湿成分入りのものが販売されています。乾燥肌さんはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているものや肌に刺激の少ない弱酸性のものを選ぶといいでしょう。

また、乾燥肌さんの中には『無添加石けん』を使っている人がいると思います。「無添加でお肌によさそうだから」という理由なのかもしれませんが中には保湿成分が入っていないものもあるので乾燥肌さんには注意が必要です。

乾燥肌さんだけでなく普通肌さんにもおすすめなのはオリーブオイル石けんです。オリーブオイルでお肌がしっとりすべすべになると評判です。

この石けんは洗顔にも使用できるほどお肌に優しいんですよ。安心して使えますね。固形石鹸とボディソープで迷うところですが違いとしては洗い上がりにあります。

一般的な固形石鹸はアルカリ性で出来ています。アルカリ性は油分を溶かすため洗い上がりがさっぱりします。

一方、ボディソープは弱酸性で洗浄力は落ちるものの保湿成分入りや低刺激などタイプが様々。

乾燥肌さんにはボディソープの方がおすすめだと言えますが洗い上がりを重視したい人には保湿成分入りの固形石鹸も販売されています。

どちらを選ぶにしても成分表を見ながら自分の肌質にあった石けんを見つけることが大事ですね。


まとめ

f:id:pk-lc12:20210924164128j:plain


シャワーだけの方が乾燥しにくいことは確かですが乾燥肌さんでも湯船につかる方がいいと言われています。

入浴方法に気を付ける
保湿成分入りの入浴剤を使う

上記のことを実践すれば乾燥を防ぐことができます。

また、お風呂で出来るケアとして、

体を洗う時はタオルなどを使わず手で優しく洗う
ボディウォッシュは保湿成分入りなど自分の肌質にあったものを選ぶ

これが大事です。お肌が乾燥してガサガサにならないためにお風呂で出来るケアを試してみてくださいね。

 

【関連記事】

アナタの肌は乾燥肌ですか?それともオイリー肌ですか?実は意外に知られていない肌タイプの違い、間違った認識だと肌を痛めてしまう危険性アリです。

気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 

www.loscluza12.net