zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

キャンプで寒さ対策をしたい!【電源なしでも大丈夫な対策を紹介します】

スポンサーリンク

キャンプで寒さ対策をしたい!【電源なしでも大丈夫な対策を紹介します】

 

今、秋・冬キャンプが流行っていますよね。

 

特に冬のキャンプはアニメ(ゆるキャン△)の影響や虫が出ないこともあって、人気が高く冬にキャンプをやりたいという人も多いと思います。

 

芸人さんらでも流行っていますが、1人で楽しむソロキャンプも人気だそうです。

 

ただ冬にキャンプをやるとなると、対策をしないといけないのは寒さです。

 

電源なしのキャンプサイトの場合、寒さ対策を怠ると、凍えてキャンプを楽しむことができません。

 

本記事では、キャンプで電源なしでもできる寒さ対策について紹介したいと思います。

 

 

キャンプで寒さ対策を!電源なしでも大丈夫な対策とは?!

キャンプで寒さ対策を!電源なしでも大丈夫な対策とは?!

 

電源なしでの寒さ対策を項目ごとに紹介します。

まずは・・・。

 

キャンプで寒さ対策:衣類編

キャンプでの寒さ対策ですが、今は冬にキャンプをやる人も多いため、各メーカーが寒さ防寒衣類を多数販売しているので、結構充実していますよ。

 

強烈な防寒衣類が一つあれば、電源なしのキャンプでも快適に冬のキャンプを楽しむことができます。

 

ではまず、キャンプの寒さ対策での衣類について解説をしたいと思います。

 

冬のキャンプにおいて服装は当然大事です。

 

とにかく重ね着をしたら暖かいかもしれませんが、その場合は機能性が落ちるので、

キャンプでの作業がやりにくくなってしまいます。

 

ですので、機能性と防寒性のバランスが取れた服を選びましょう。

 

キャンプの場合、汗をかくと冷えに繋がります。

 

ですので、ヒートテックのような汗を熱に変えるインナーを使うと良いでしょう。

 

ヒートテックでももちろん構いませんが、アウトドア専用のインナーの場合は、さらに発熱性や機能性、保湿性などにも優れたものがあるので、そちらを選ぶことをオススメします。

 

というわけで、インナーはこちらがおすすめです。

 

 

アウターは防水性と防風性に優れているものをおすすめします。

 

インナー系で中で熱を込めるようにすれば、アウター自体はそこまで厚手のモコモコしたものでなくて大丈夫です。

 

そして大事なのはトップスとボトムスのバランスです。

 

トップスばかり厚手にして、ボトムスに気がいかなかったら防寒になりません。

 

冷えは基本的には足元から来るので、防寒シューズや靴下などにもこだわり、トップス同様の量の重ね着をするようにしましょう。

 

そうすることによって防寒をしながらも機能性をキープできますよ。

 

コスパの良い値段も手ごろなアウターはこちらがおすすめです。

 

ソックスが意外と忘れがちなので、出かける時に忘れていないかチェックしてくださいね。

 

 

キャンプで寒さ対策:テント内アイテム編

では続いてキャンプで寒さ対策をする際のアイテムについて解説をしたいと思います。防寒衣類だけではまだまだ対策できてませんからね。

 

テント内もきちんと寒さ対策をしないといけません。

 

冬用シュラフ

 

夏用と冬用ではシュラフも全く異なります。

 

冬用のシュラフの場合は保温性に優れており、寒い冬でも体力を回復することができます。

 

冬用の際には夏用シュラフを代用するのではなく、しっかりと準備をするようにしましょう。

 

ちなみにおすすめの冬用シュラフはこれです。

なんとマイナス18℃まで対応です。

 

 

テントマット

シュラフと同様に大事なのが、テントマットです。テントマットはシュラフとテントの底の部分の間に敷くマットです。

 

このテントマップがあるとないとでは寝心地の良さが全く異なります。またこのテントマットを敷かないと地面からの冷えが体に伝わり、非常に寒いです。

 

テントマップは安いものですとアルミシートでも構いませんし、本格的なものですとしっかりとしたマットになっています。

 

おすすめなのはこちらです。

 

テントマットを利用してキャンプで快適に眠れるようにしましょう。

 

キャンプで寒さ対策:電源なし暖房器具編

 ・ストーブ

 電源がなくても使えるのはストーブです。

 

ガスストーブの場合は、ガスコンロと同じ要領でガスボンベを使えば簡単に使用できます。

 

また石油ストーブも家で使っているのと同様に灯油さえあれば使えますね。ストーブがあれば冬でも快適にキャンプができますが、実際に火を使うので不始末には注意してください。

 

また、キャンプサイトによってはストーブが禁止されていることもあるので、事前確認をしておきましょう。

 

一応、おすすめはこちらのストーブです。

 

焚き火台

 冬のキャンプの醍醐味といえば、焚き火です。暖かな炎と音の焚き火は体を温めるだけでなく心と体をリラックスさせます。

 

しかし、キャンプ場によっては直火が禁止になっていることも多いです。その場合は焚き火台を使って焚き火を楽しみましょう。

 

1台で、バーベキュー、焚き火、ダッチオーブンと、3つの使い方が楽しめる、こちらも良いですよ。

 

電源なしキャンプサイトのメリットは自由度の高さ

電源なしキャンプサイトのメリットは自由度の高さ

 

電源ありのキャンプサイトに慣れている人は最初戸惑うかもしれませんが、一度電源なしのキャンプサイトを知ってしまうと、ハマる人が多いです。

 

コンセントの位置に関係なく自由に設営できるのが人気なんですよね。

 

寒さ対策さえバッチリしてしまえば、電源なしの キャンプサイトは止められないです。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200929211057j:plain

 

いかがだったでしょうか?
キャンプでの寒さ対策ですが、衣類や防寒グッズを使えば、冬でも快適にキャンプができます。

 

冬のキャンプは寒いですが、その分空気も澄んでおり、食事がおいしいなどの利点もあります。

 

ぜひ寒さ対策をしっかりして、冬でも快適なキャンプをするようにしてくださいね。

 

そもそも、小生は青森県生まれなのに、寒さにめっぽう弱いので、最初は、冬のキャンプほどつらいものはないと思っていました。

 

あぁ・・・、いつか北海道とか青森県で秋キャンプとかしてみたいなぁ。

 

【関連記事】

キャンプと似てるようで似ていないグランピング、あなたはその違いをご存知ですか?!

 

クイズ番組にも出題されそうな一般常識、知っておいて損はないですよ!!

 

 

www.loscluza12.net