zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

DHってなんの意味?!【野球でよく聞くDHの歴史とメリット・デメリットとは】

スポンサーリンク

DHってなんの意味?!【野球でよく聞くDHの歴史とメリット・デメリットとは】

 

野球には様々な用語がありますよね。

いきなりですが、『DH』ってなんの意味か、どんな制度でどんなメリット・デメリットがあるかご存知ですか?!

 

特に近年は、セイバーメトリクスによってさらに聞きなれない指標が増えました。

 

しかし、昔ながらの野球用語でも意外とその意味が知られていないことってありますよね。

 

日本でもおなじみのDHですが、一体なんの略なのでしょうか?

 

野球ファンでも意外と知らないのではないでしょうか?

 

ここではDHがなんの略についてや意味、DHの歴史について解説をしていきます。

 

DHってなんの意味?!【野球でよく聞くDHの歴史とメリット・デメリットとは】

 

f:id:pk-lc12:20210227190140j:plain

 

DHとは、野球のスターティングメンバーの中で打撃のみを行い、守備につかない選手のことを指します。

 

日本ではパリーグが採用をしており、メジャーリーグではアメリカンリーグで採用をされています。

 

そんなDHですが一体なんの略なのでしょうか?

 

結論から言えば「designated hitter」の頭文字を取ったものとなっています。

 

designatedとは日本語では「専用の」、「指定の」という意味になります。

 

ちなみにDHは、日本では指名打者という意味でこちらもおなじみですね。

 

DHには賛否両論あり、近年度々論議に上がっていますよね。

 

野球は9人で行うスポーツであり、打撃のみを行う選手がいるのは本来おかしい。

 

リーグ間で実力が違くなってしまうという声も挙げられ、セリーグでもDH制の検討がよくなされていますね。

 

DHの歴史はどうなの?!【メリット・デメリットも解説】

f:id:pk-lc12:20210227190151j:plain

 

それでは続いてDHの歴史について解説をしていきます。

 

DHですが、1972年にてメジャーリーグのアメリカンリーグで初めて導入をされます。

 

ピッチャーが打席に立つよりは、打撃に特化した選手をおくことで必然的に打撃戦となり、観客の増員を増やそうという狙いがありました。

 

この狙いは見事に的中をし、DHによって野球人気は回復。打撃に特化したDHのスター選手も次々に生まれました。

 

日本のプロ野球では1975年にパリーグで導入をされました。

 

パリーグは当時セリーグに比べて極端に人気が低かったですから、メジャーリーグのように人気向上の期待を込めて導入をしましたが、日本ではあまり馴染まずパリーグの人気向上にはつながりませんでした。

 

日本とアメリカでDHによる人気の差が出たのは、アメリカ人のスポーツの価値観だと考えられます。

 

アメリカで最も人気のスポーツはアメリカンフットボールですが、アメリカンフットボールはまさに細分化、専門職のスポーツです。

 

攻撃専門の人、守備専門の人、キック専門の人など、あらゆる役職が専門化されています。

 

だからこそ、アメリカではDHがすんなり受け入れられて、日本ではイマイチ浸透をしなかったと考えられます。

 

しかし、それでも日本ではリーグごとに特色を持たせるために、パリーグでは継続的にDHの導入させました。

 

その結果、2005年から始まったセ・パ交流戦では、普段見られないパリーグのピッチャーのバッティングというのも注目されるようになりました。

 

そしてセリーグとは違い、打撃専門の強力なバッターに打たせるために、ピッチャーの実力もアップしました。

 

その結果、近年よく言われているセリーグとパリーグの実力の違いとして、DHの有無が議論に挙げられるようになりました。

これがDH制のデメリットでしょうか。

 

このようにDHは野球の歴史の中で、集客改善のために生まれたルールです。

 

プロ野球ファン(小生は広島ファンです)からしたら、あえて弱い打者であるピッチャーが打席に立つことによって、意外性であったり戦略性が生まれて好きなのですが、

 

このままセリーグが弱いままというのも複雑な気持ちです。

 

野球人気が低下をしてきており人口が減っている中、DHがあることによって単純にレギュラーが一人増えるというのも大きなメリットの一つです。

 

今後、DHの有無についてはさらに議論が進んで、近いうちにもしかしたら大きな変更があるかもしれませんね。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20210302205904j:plain

 

DHですが、designated hitterの略でした。

 

DHは1972年にメジャーリーグで導入され、日本では1975年に導入されました。

 

日本では当初はそこまで受け入れらませんでしたが、長年続けることでリーグの差別化、そして全体のレベルアップにもつながっているとされています。

 

DHの今後はどうなるかわかりませんが、より良い方向に野球界が進んでほしいですね。