zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

抗原検査キットがついに承認?メーカーや精度はどうなの?【自宅でも可能なのか?】

スポンサーリンク

抗原検査キットがついに承認?メーカーや精度はどうなの?【自宅でも可能なのか?】

 

ついに政府は、15~30分で新型コロナウィルスを検出する抗原検査キットを薬事承認する方針だと発表しました。

 

今回は、抗原検査キットの承認申請した開発メーカーと抗原検査キットの精度、またキットが自宅でも使えるのか、気になる情報をまとめてみました。

 

抗原検査キットの開発メーカーはどこ?

 

開発メーカーはズバリ『富士レビオ株式会社』です。

 

・住所:東京都新宿区西新宿2-1-1

・事業内容:臨床検査薬、検査用機器の製造、販売および輸出入

 

日本全国に支社、事業所、工場がありますね。

 

そんな富士レビオ㈱は、先月4月末に厚労省と医薬品医療機器総合機構に開発した抗原検査キットの承認を申請しました。

 

公式HPをみると、コンプライアンスもしっかりした会社みたいなので期待できそうですね。

 

実際、抗原検査キットの精度は正確なのか?

 15分~30分という短時間で判別できたとしても、気になるのは精度ですよね。

 

しかし、今のところ、「今は不明」とのこと。

 

えーっ!!と思いましたが、引き続き注意して情報を見守っていきたいです。

 

とはいえ、政府が承認する方針なほどの抗原検査キットなので、それほど精度が悪いとは思えません。

 

精度が悪いと、結局2度3度と余計に検査をしなければなりませんし、時間も労力もお金もムダになってしまいます。

 

ちなみに、もし抗原検査キットで陽性と出た場合は、確認の意味でPCRで検査をします。

 

 

抗原検査キットは自宅でも使用可能なのか?

これは今のところ「ノー」です。

 

最近のニュースでは、中国で「抗原検査キット」の個別販売をしていると聞きましたが、日本ではまだまだ先の話しでしょう。

 

精度もまだ不明な段階ですし、まだまだクリアしなければならない課題は山積みです。

 

 実用になってから精度の確認や量産体制の問題など、いくつかの問題点をクリアする必要がありますので、まぁこれはしょうがないでしょう。 

 

また、もし自宅で検査可能になったとして、コロナ陽性だった場合のキット処分も問題になりそうですね。

 

下手をすると日本中にコロナをバラまくことになりかねません・・・(;´Д`)


横浜市立大学が国内産初の抗原検査キット開発成功

富士レビオ㈱の他には、横浜市立大学大学院医学研究科の梁明秀教授がメインとなる共同研究グループが、新型コロナウイルス抗原を特異的に検出することが可能なモノクローナル抗体の開発に成功したそうです。

 

この抗体は、SARSコロナウイルスや風邪のようなウィルスには反応せず、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけに反応するとのこと。


本抗体を使用して、簡単かつ短時間で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけを正しく検出できるキットの研究開発の実現を目標としています。

 

大学関係、各企業が研究を重ねて、精度の高い検査キットが実現できれば良いですね。

 

ソフトバンク孫社長は無償で抗体検査を?

また、ソフトバンクグループ孫正義社長も5月頭に、ソフトバンクの社員とその家族全員に新型コロナウイルス(COVID-19)の抗体検査を提供するとTwitterで発表しました。

 

更には、医療関係者及び介護関係者が希望すれば、ソフトバンクが無利益で検査キットを提供するそうです。

 

指などから血液を採取して抗体があるか検出するそうです。

 

 

どこのメーカーの抗体検査キットかは不明なので、実際のところ使えるものなのかはわかりませんが・・・。

 

抗原検査と抗体検査って何が違うの?

抗原検査は、わかりやすく言うと、インフルエンザの簡易検査ですね。綿棒を鼻の穴の奥につっこんで「ウッ」となるアレです。

 

今ウィルスがあるか判別するのですが、割と短時間で結果がわかるけれど、正確性が低いので、今のところ抗原検査の後にPCR検査が必要です。

 

抗体検査は、過去ウィルスが体内に入っていたかを判別します。

 

そもそも抗体とは、体内に入ってきたウィルスを体内から排除しようと体が作り出すタンパク質です。

 

抗体は、ウイルスに結合することでウイルスを排除するのです。抗原・ウイルスが体内に入ってから数日から数ヶ月して抗体が作られます。
抗体を持っていれば、再度同じウイルスが体内に入ってきても抗体がやっつけてくれるということですね。

 

感染系の映画でもよく「抗体はどこだ?!」とガチで探すシーン見たことありませんか?

 

まとめ

まだまだ新型コロナウィルスの猛威は続いています。

 

抗原検査キットは、PCRによる検査が数時間かかるのに対し、15~30分程度で判別できます。

 

きちんと実用化されれば、適切な医療活動が可能で、なにより感染拡大防止となるので、少しでも早く実現されることを願います。

 

近い将来、インフルエンザ検査みたいに検査後、秒で結果がわかって、はい、薬を飲んで会社は数日休んでね、みたいになってほしいです。