zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

牛の胃袋の種類って?!4つもある理由について知りたい

スポンサーリンク

牛の胃袋の種類って?!4つもある理由について知りたい


焼肉って美味しいですよね。

カルビやロースなど牛のお肉は美味しいですが、内臓系も違った美味しさがありますよね。

そんな牛の内臓ですが、牛には胃袋の種類が4つあるのをご存知でしょうか?
それぞれの種類に名前があって、違った味わい方があります。

焼肉好きな方はご存知かもしれませんが、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、牛の胃袋にはどんな種類があるのか、名前や役割などについて解説をしていきます。

 

牛の胃袋の種類はなんで4つあるのかわかります?!

f:id:pk-lc12:20210204101027j:plain


牛の胃袋は確かに4つあります。私たち人間からするとなんとも変な感じですが、これは牛が生きていく上で適した形なのでしょう。

しかし、なぜ牛には4つの種類の胃袋があるんでしょうかね?


牛と私たちとの違いと言えば、真っ先に思いつくのは食生活です。

はい。牛は草食動物であり、主な餌は牧草となります。

そして、この牧草を消化するために胃袋が4つも必要となっています。

 

牛の胃袋は牛の体重の15%も占めます。それだけ大切な器官なのですね。

 

牛の胃袋ですが、なんと1番目から3番目の胃は消化器官としての役割を果たしていません。胃なのに・・・。

 

消化自体は4番目の最後の胃で行われています。なかなか衝撃的な事実ですが、では1番目、2番目、3番目は一体何のための機能なのか気になりますよね。


実は、1番目から3番目の胃は主に「反芻(はんすう)」に使われます。

 

反芻というのは、一度食べたものを口の中に戻して、また噛み砕き、そしてもう一度飲み込むことを言います。

 

1番目から3番目の胃ではこの反芻を行うことで、牧草を分解したり柔らかくしているのです。

 

牛の胃袋の種類を覚えておこう【4つの名前と役割】

f:id:pk-lc12:20210329114633j:plain

 

それでは、牛の胃袋の種類を1番目から順番に説明していきます。

 

1.ミノ

牛の1番目の胃、それが『ミノ』になります。主に草の繊維質を細かく分解するための器官です。

 

形が蓑笠(みのかさ)に見えることからミノと呼ばれているんです。そして、ミノは、牛の4つの胃の中でも圧倒的に大きいサイズであり、そのサイズはなんと150L。

 

ちょっとした冷蔵庫と同じぐらいのサイズと考えると驚きですね。

また、ミノの名称ですが、地域によっては『ガツ』や『ルーメン』などと呼ぶこともあります。

 

肉厚で脂肪分も多めであり、焼いても見た目が変わりにくいので、しっかりと時間をかけて焼いてから食べるようにしましょう。

ミノの「コリっ」とした食感はたまらないです。焼肉はカルビやロースに目が行きがちですが、ミノも人気があるんですよねー。

 

 

2.ハチノス

2番目の胃が『ハチノス』です。主に食べたものを反芻する際に、食べ物を押し戻すポンプのような役割をします。

 

名前の由来ですが、読んだ感じすぐわかりますよね?!

見た目が蜂の巣に似ているからです。ハチノスは焼肉はもちろんのこと、スープにしても美味しいんです。

 

あっさりとした味わいでクセも少ないので、人気の部位ですね。希少価値が一番高い部位でもあります。

 

3.センマイ

3番目の胃が『センマイ』です。センマイにも『ミノ』『ハチノス』と同じように、食べたものを第四の胃に送る反芻の役割があります。

 

胃壁の部分がヒダヒダになっており、それが千枚に見えることからセンマイと呼ばれます。

 

見た目は少しグロテスクですが、さっぱりとした味わいであり、焼いても良いですし、生でサラダのようにして食べるのも美味しいです。

 

鉄分や亜鉛が豊富です。脂肪分も少ないので女性におすすめしたい部位です。食感もコリコリっとしていて、小生はセンマイが好物です。


4.ギアラ

そして最後の胃、4番目の胃が『ギアラ』となります。他の消化器官を持つ唯一の胃であり、4つの胃の中では肉厚もありジューシーな油がたまりません。

 

その油の乗っている美味しさから偽腹(ギバラ)がギアラの由来になっている説がありますが、実はしっかりとした語源は明らかになっていないそうです。

 

また、ギアラは『赤センマイ』『アボミ』という呼ばれ方もされています。4つの種類の中でも濃厚な味で、焼いても美味しいことから、胃袋の中でも最も人気の高い部位となっています。

 

ギアラが好き!」って言う女子は、なかなかの焼肉ツウですね。

 

このように牛には4つの種類の胃がありますが、それぞれ味も違いますし、美味しいさも違います。

 

焼肉屋さんではどれも味わうことができるので、ぜひお好きな部位を味わってくださいね。

 

実は、牛以外にも胃袋が複数ある動物がいます

察しの良い方ならもうおわかりかもしれませんね?!


牛と同じような食生活の動物・・・、草食動物です。


ヤギ鹿キリンといった草食動物も複数の胃袋を持っています。この記事を読んできた方なら、理由もおわかりですよね。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20210204101015j:plain

 

牛には4つの種類の胃袋がありますが、実際に消化機能があるのは第四の胃になります。それ以外には主には食べたものを反芻する役目があります。

 

最後に牛の胃袋の名前と順番をおさらいしておきましょう。


.ミノ

2.ハチノス

3.センマイ

4.ギアラ

 

です。

 

それぞれ違った味や見た目をしています。ですので、お気に入りの部位を見つける楽しみがありますね。

 

焼肉屋さんに行けば美味しいモツを食べられるので、ぜひ焼肉屋さんでこれらの牛の胃袋を食べてみてください。