zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

スクールウォーズ第21話のあらすじ:勇気なき者は去れ

スポンサーリンク

スクールウォーズ第21話のあらすじ:勇気なき者は去れ

 

スクールウォーズ第21話『勇気なき者は去れ』のあらすじです。

 

念願の花園出場を決めた川浜高校。

この回からスクールウォーズ後期に入るのではないかと思います。

打倒相模一高の目標をクリアした次は、花園優勝に向かって川浜高校ラグビー部は躍進します。

 

あ。大木の代では達成できませんがね・・・。

 

スクールウォーズ第21話のあらすじ:勇気なき者は去れ

f:id:pk-lc12:20210105162915j:plain

 

神奈川県大会決勝で、宿敵相模一高を破り、見事花園出場を決めた川浜高校ラグビー部。

 

優勝の立役者である大木は、同日、母親が心臓の手術を行っており、試合後病院へ直行した。

 

手術は無事成功した。
大木の母親の命を救うべく莫大な手術費用を出したのは、奇しくも父親を死に追いやった名村グループの総帥名村謙三氏であった。

 

そして、その名村謙三こそ、富田圭子の実の父親であった。

 

圭子の出生の秘密から発生していた不気味な霧も去り、全ての歯車が順調に回転しはじめていた。

 

川浜高校ラグビー部は、初の花園出場にいつも以上に練習に熱が入っていた。

 

そして、ある夜、校舎内で壮行会が行われた。

 

そこには元川浜高校の校長である山城晋平氏も足を運んだ。

 

翌日、賢治たちは花園に向けて出発した。

 

1回戦は、新潟南高校。

 

花園という初めての大舞台に緊張する選手たちであったが、賢治は選手たちと手を繋いで輪となって緊張から解放させた。

 

ベンチには、イソップと山崎の遺影が置かれている。

 

会場には行かずに自宅で応援する節子とゆかり、新楽の大三郎と夕子。そして森田と圭子。

 

立ち上がりこそ、固さの取れなかった川浜高校であったが、次第に調子を取り戻し、後半に入ると本来の力を発揮し、対戦相手の新潟南高校に33対9と勝利し、花園初勝利を飾った。

 

初戦を突破した川浜高校はその勢いに乗って、二回戦の石巻工業に42対3で勝利した。

 

川浜強しの評判は内外に広まり、勝利に喜ぶ川浜関係者であったが、ただ一人不機嫌な人物がいた。

 

内田治男の父親、内田玄治である。

 

「応援に行くんじゃない!文句を言いに行くんだ!!」


興奮して頭に血がのぼる内田玄治は、県予選では出場していた次男の治男が花園に来てからは一度も出場していないことに納得がいかなかったのだ。

 

玄治は、川浜の宿舎に向かい賢治に、次の試合は治男を使ってくれないかと直談判する。

 

しかし、花園出場が決まった頃から、タックルを怖がるようになった治男を、賢治は試合で使うことはできないという。

 

かたくなに治男を出場させることはないと言った賢治に対して、玄治は怒って帰ってしまった。

 

その後、昨年の準決勝で敗戦した相模一高の監督勝又が賢治を訪ねてきた。

 

神奈川代表として城南工大高に勝ってほしいと、勝又は城南工大高との戦い方をアドバイスしに来たのであった。

 

3回戦の相手は、昨年の優勝校である城南工大高だ。

 

神奈川に帰ると言っていた玄治であったが、スタンドでこっそりと観戦していた。

 

川浜高校は城南にも負けるとも劣らない闘志、そして勝又のアドバイスであったフォワード戦に持ち込み、前半は0-0の接戦となり、ハーフタイムへ。

 

賢治「フルバックの動きには特に注意しろ。城南の司令塔はスタンドオフより、むしろフルバックの曽根だ。」

 

曽根は、川浜の平山らと同学年であり、のちのライバルとなる存在であった。

 

後半がはじまり、ボールを繋ぐ川浜。

欲しかった最初のトライは、走りあがった大木が奪い取った。

 

このまま川浜のペースになると思いきや、末永が足を痛めて負傷退場した。

賢治は末永の代わりを悩んだ末、内田治男を起用した。

 

意気揚々とグラウンドに入っていく内田であったが、試合が再開されると賢治の不安は的中してしまった。

 

内田はことあるごとにタックルを怖がってしまい、プレイが再開してすぐに城南にトライを奪われてしまった。

 

そのトライをきっかけに、一度川浜高校に傾いた流れはガラリと変わってしまった。

 

城南フルバックの曽根の華麗なステップは止めることができず、
結局、36対4で敗戦した。

 

賢治は「よくやった。ごくろうさん。」と選手を労って声をかける。

 

大木「申し訳ありませんでした。」

賢治「やむを得んだろう。今日は相手が上手だった。」

 

平山「でも悔しいですよ俺。城南の曽根って俺たちと同じ2年生でしょ。それなのに、なんであんなにカッコよく・・・。」

 

泣き崩れる選手たち。

 

八木「ちきしょー!あいつらに勝ちてーよ!!」

 

賢治はかつての記憶が蘇った。

109対0で負けた、あの忌まわしき相模一高戦である。

 

賢治「その悔しさは忘れるな。来年もきっとまたこの花園に来るぞ。いいな!」

そう言って花園を後にした。

 

神奈川に戻った川浜ラグビー部は、
チームスローガンを「目標!全国大会出場!!」から「打倒!!城南工大高」に変更した。

 

「打倒城南工大高のために、これから俺は鬼になる」
部室で激を飛ばした賢治。

選手たちは気合いを入れて、グラウンドへ向かう。

 

そんな中、学生服のままであった内田は、賢治に退部届を差し出した。

 

自信喪失した内田は、「いくらやったって、いくら一生懸命やったって・・・。俺、どうしてもダメなんですよ。城南との試合で負けたのも、元はと言えば俺が・・・。ダメなんですよ俺・・・。」

 

泣き崩れる内田の退部をあっさり認め、退部届を受け取って部室を出ていく賢治。

 

その夜、治男の父親、玄治が治男を連れてやってきた。

 

賢治は、練習中からタックルを怖がっていること、それでももう一度治男に期待して城南工大高戦で使ったと言った。

 

しかし、お前はその期待を裏切ったこと、試合に負けたこと、それでも奮起して頑張るどころか辞めると言いだしたこと、

 

勇気の無いものに何を言っても無駄ということで、素直に退部届を受け取ったと玄治に説明した。

 

賢治の言い分を全く理解できない玄治は、さっさと帰ってしまう。 

 

後日、何気に歩いていたら、何やら声が聞こえてくる。

 

「ダァーーー!!」ドンッ
「ダァーーー!!」ドンッ

 

近づいてみてみると、治男が大木に向かってタックルの練習をしていたのだった。

 

肩の皮膚はズル剥けてジャージに血が滲んでいる。

 

玄治はそんなことはやめろと止めるが、
治男は「また滝沢先生にラグビーを教えてもらうんだ!!」といって玄治の言うことは一切聞かずに大木にタックルを続ける。

 

そんなひたむきな弟の姿を見て、兄の勝は、
「よし!俺が相手してやる!!」
そう言って、治男のタックルを何度も受け止めた。

 

賢治は、治男があの敗戦から戦う気持ちを学び、勇気を身につけてラグビー部に戻ってくると確信したのだった。

 

スクールウォーズ第21話『勇気なき者は去れ』は無料配信中です

地味ではありますが、小生は内田治男が好きです。

 

ネタバレしますが、最終回の城南工大高戦の内田治男はめっちゃ漢(おとこ)です、かっちょいいです!!

 

なんかの機会で、内田治男役の岩本宗規さんにお会いしたいなぁ。

ちなみに岩本さんは、丸井大福という芸名で役者を続けられているそうです。

最近の活動はわかりませんが、あばれはっちゃく、ハンツの穴、2年B組仙八先生、静かなるドン、夜逃げ屋本舗、などなどに出演されていました。

 

丸井 大福 Marui Daifuku | オフィス・ルード

 

なんか老けちゃったなぁ。。。

そんな小生も老けてるわけですが(笑)

 

スクールウォーズ第21話『勇気なき者は去れ』は、Amazonプライムビデオで無料で見れるんですよ!!

 

 

www.loscluza12.net