zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

スクールウォーズ第18話のあらすじ:去りゆく君へ

スポンサーリンク

スクールウォーズ第18話のあらすじ:去りゆく君へ

 

スクールウォーズ第18話『去りゆく君へ』のあらすじです。

 

この回はですね・・・、
第1回から出演していたスクールウォーズにとっては欠かせない人物が卒業していきます。

森田、そしてマネージャーの山崎です。

特に山崎は、賢治の良き理解者でもあり、マネージャーという立場でラグビー部の縁の下の力持ちでありました。

 

部員たちのジャージの洗濯から、練習の内容を記す練習日誌の書き込み。

 

第18話と次の第19話は、そんな山崎にスポットを当てた回となります。

 

スクールウォーズ第18話のあらすじ:去りゆく君へ

f:id:pk-lc12:20210103221034j:plain

 

秋の県予選決勝戦で、宿敵相模一高に敗戦した川浜高校ラグビー部は、翌日から来年の花園出場に向けて休む間もなく猛練習が始まった。

 

そして、誰からともなく、賢治宅で花園での全国大会のテレビ中継を見ようと部員たちが集まっていた。

 

部員たちになんとか花園の雰囲気を体感させてあげたい賢治は、たまたま新年の挨拶にみえた内田玄治に部員たちをアルバイトで働かせてくれないかと頼み込んだ。

 

アルバイトで稼いだお金で花園ラグビー場へ観戦に行こうというのだった。

 

日帰りではあったが、賢治たちは念願の花園ラグビー場へ到着した。

 

そして、観戦した試合は全国大会準決勝の相模一高(神奈川)対城南工大高(大阪)であった。

 

賢治は、観客席から城南の監督である江川と目が合い、川浜高校のライバルになると予感していた。

 

結局は、城南工大高が相模一高に競り勝ち、決勝も勝利した城南工大高の優勝で大会の幕は閉じた。

 

花園での熱い戦いを目の当たりにした部員たちは、花園を目指して更に猛練習に励んだ。

 

そして、その激しい練習をする中、相撲部にいた矢木純平(役:近藤哲也)がラグビー部に入りたいと賢治に懇願してきた。

 

ちなみにこの八木純平のモデルは、大八木淳史と言われています。

 

八木も入部し、更にラグビー部は活動が活発となる中、マネージャー山崎は卒業後の就職先で悩んでいた。

 

というのも、山崎の家庭環境は父親が蒸発しており、しかも母親が病弱のため、弟と妹の面倒も見ているので、なかなか就職先を決められないでいたのだ。

 

そんな山崎を賢治はなんとかしてあげたいと思っていたところ、ちょうど良いタイミングで川浜高校の事務員が辞めることを知り、賢治は岩佐校長に山崎を雇ってほしいと頼み込む。

 

岩佐校長は、山崎を事務員に採用することを承諾し、山崎は喜んで帰宅した。

 

すると、何年も前に蒸発した父親が帰宅していたのだ。

 

まるっきり音沙汰の無かった父親がなぜ?!

 

父親は、和歌山でみかんを作っており、ようやく一家で暮らせる目途がたったというので、みんなで一緒に暮らそうという。

 

今更のこのこと都合よく現れた父親に対して嫌悪感を抱く山崎。

 

父親がいない間、病弱な母親や弟や妹の面倒も見ながら学校に通い、朝も夜もアルバイトをしていた山崎の苦労を考えれば当然であろう。

 

 

しかし、母親、弟、妹が和歌山に行く以上は、自分が面倒見なければいけないことを理解している山崎は、せっかくの事務員の就職を断り、家族と一緒に和歌山に行くことを決心した。

 

部室で賢治に断りを入れる山崎。

 

賢治「君だけでも残ればいいんじゃないか?」

 

山崎「できないんです!母親は病弱ですし、妹や弟が一緒に行く以上、私が面倒見なきゃいけないんです。」

 

賢治「君がいなくなると寂しがる人間が大勢いる」

 

山崎「先生はどうですか?先生も寂しいと思ってくれますか?」

 

山崎の慕情は痛いほどわかっていたが、どうしてやることもできない賢治であった。

 

そして賢治に抱きつく山崎。

 

山崎「お願いです。1分、1分だけで良いのでこのままでいさせてください・・・」

 

そして、いよいよ卒業式を迎えた。

賢治にとって、3回目の卒業式である。

 

岩佐校長

「諸君は、岩佐邦明が就任して以来、最初に送り出す卒業生である。この一年間、私は諸君の学力向上のために敢えて過酷な試練を与えてきた。そのため、部活動停止になったクラブも数少なくない。なかんずく運動部の諸君にとって、この岩佐は親の仇よりも憎い奴と映ったに違いない。しかし、これから諸君が世に出た時、この試練は必ず役に立つものと、私はそう信じて疑わない。世の中は、弱肉強食を鉄則としている。スポーツの世界においては、勝者よりも敗者の方により拍手が送られる例をまま見受けるが、実社会において、そのような甘っちょろい考えは通用しない。敗者は勝者の餌食となって滅びるしかないのだ。では、社会の勝者とは何か?それはより高度な知的能力、平たく言えば、より高い学歴を身につけたものである。学歴社会を批判することは優しい。しかし、その学歴社会を改革するためには、まず自らが高度の学歴を得て、社会の指導的立場に立たなければ、しょせんは弱者の遠吠えとして終わるのみである。私は諸君たちに数多くの勉学を課した理由はここにある。卒業生諸君、社会の勝利者たれ。これが私の贈る言葉である。」

 

確かに一理あるとは思いますが・・・、あなたはどう考えますか?

 

森田、山崎らが卒業し、賢治が赴任した年からのラグビー部員はいなくなってしまった。

 

卒業式の終えて、ラグビー部員たちは和歌山に旅立っていく山崎に感謝の気持ちをこめて胴上げをした。

 

まとめ:スクールウォーズ第18話『去りゆく君へ』は無料動画配信中です

とうとう森田、山崎が卒業してしまいました。

 

ちなみに、アメトークの『スクールウォーズ芸人』で、山崎の胴上げ回数がハンパないということで、胴上げ回数を数えていました。

 

なんと、その数は、49回!!

 

リアルタイムで見ていた時は、そんなに気になりませんでしたが、改めて見てみると確かに多すぎる・・・。

 

胴上げされた山崎役の岩崎良美さんも「やりすぎでしょー!!」と思ったのではないでしょうか?

 

そんなスクールウォーズ第18話『去りゆく君へ』はAmazonプライムビデオで見れますよ!!

 

 

www.loscluza12.net