zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

猫にマタタビっていうけど実は危険性がある?!【後悔しないために知っておくべきこと】

スポンサーリンク

猫にマタタビっていうけど実は危険性がある?!【後悔しないために知っておくべきこと】

 

猫が大好きなものといえばマタタビですよね。猫にマタタビをあげると夢中になってかじっている姿はとても可愛らしいです。

 

ただですね、猫が大好きなマタタビですが、あげ方を間違えると危険性があるというのは本当でしょうか?

小さい頃から猫を飼っている会社の後輩から聞いたんで、かかりつけの獣医さんにも確認した内容をお伝えします。

 

可愛らしい愛猫が喜ぶのは嬉しいですが、万が一のことがあると心配ですよね。

 

猫にマタタビって危険性あるの?

 

そもそもマタタビって何なのか?

正しいマタタビの与え方を知りたい

 

今回は、これらの内容についてお伝えしています。ぜひ最後までご覧くださいね。

 

猫にマタタビっていうけど実は危険性がある?!【後悔しないために知っておくべきこと】

f:id:pk-lc12:20210430195241j:plain

 

先に結論から言います。

危険性があるのは事実です

 

実は、マタタビ特有の成分に秘密があります。マタタビは、マタタビの木からとれるんですが、マタタビラクトンアクチニジンという成分が含まれているんです。

 

これは猫の顎のあるフェロモンを感知する器官であるヤコブソン器官にモーレツに反応します。

 

このヤコブソン器官により、猫はモーレツにマタタビの木にフェロモンを感じるんです。猫の中枢神経を麻痺させてアゲアゲに興奮する状態になるわけですね。

 

ただし、マタタビの効果は猫個体によって当然違います。中には反応をしない猫もいます。猫がマタタビに夢中になることで、ストレス解消であったり、老化防止、食欲増進など改善効果があります。

 

しかし、適量ならこのように良い効果もありますが、与えすぎると危険性が高まるので覚えておきましょう。

 

また、ヤコブソン器官が必要以上に反応することで、中枢神経が異常に麻痺をしてしまう恐れがあります。

 

中枢神経の麻痺が続く呼吸困難やショックを起こす危険性があり、最悪の場合猫が死んでしまう恐れがあるということです

 

また、マタタビの成分が入っているオモチャに猫が興奮してしまい、オモチャを飲み込んでしまう事故が実際に起きています。

 

そうなると窒息をしてしまったり、手術をしておもちゃを取り出さなければならないなど命を落とす危険性があります。

 

2次的な事故が実際に報告されてるので本当に注意が必要です

 

ココ大事ですが、

猫にマタタビをあげる時は、与えるタイミングだったり量には絶対気を付けましょう

 

少しずつ猫にマタタビを与えて、まずはマタタビに慣れさせてあげることが大事です。徐々に慣れてきたら、少しずつ量を増やしてあげましょう。

 

また、あげるタイミングとしてはご褒美や特別な日にあげるようにして、あげる量を調節してあげましょう。

 

量を間違えると依存症を起こすこともありますので、可愛いからって毎日を猫にあげないようにしましょう。

 

最悪な状況、危険性もきちんと想定・把握した上で、マタタビを与えましょう。

 

 そもそも猫が好きなマタタビってなんだっけ?

f:id:pk-lc12:20210430195252j:plain

 

猫がマタタビに夢中になることは有名であり、動画でもマタタビに夢中な可愛らしい姿が見れます。

 

猫が大好きなマタタビですが、名前は知っていても意外と詳しくは知らないですよね。

 

マタタビはマタタビ科マタタビ属の植物です。日本では全国的に生育されており、主に水気の多い山中に群生をしています。

 

マタタビは落葉の低木であり、3m以下の成長する木です。そこからツルや葉をを成長させ、初夏になると、小ぶりの白い綺麗な花を咲かせます。

 

その後は花は実になり、2cmから3cmほどの楕円形の果実がなります。マタタビの実はあまり一般的ではないですが、私たち人間も食べれます。

 

ネットでも乾燥したマタタビの実が販売されてますし、主に漢方として滋養強壮や精力増進の効能があります。

 
こんな商品があったなんて知りませんでした。気になる方はぜひチェックしてみてください。 

 

まとめ:猫にマタタビは間違った与え方は危険性があるから注意!

f:id:pk-lc12:20210430195220j:plain

 

マタタビはマタタビ科マタタビ属の植物です。猫のヤコブソン器官がマタタビの木の成分に反応し中枢神経を麻痺させてしまい、制御が効かない状態になる可能性があります。

 

適量のマタタビでしたら、ストレス解消などの効果がありますが、あげすぎると中枢神経の異常麻痺を引き起こすことがあります。

 

そうなると最悪の場合、猫が命を落とす危険性もありますので、飼い主がうまく調節をしてあげましょう。

 

まずは飼い主がマタタビを知ることで、愛する猫のことを守ることができます。
今回の記事が参考になれば幸いです。