zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

道の駅鹿島のバーベキューが熱い!!家族で楽しめるお出かけスポットの紹介

スポンサーリンク

道の駅鹿島のバーベキューが熱い!!家族で楽しめるお出かけスポットの紹介


佐賀県にある『道の駅鹿島』ではバーベキューが出来ることを知っていましたか?
道の駅ということもあり直売所ではここでしか買えないような珍しいものも販売しています。

さらには、ガタリンピックの会場ということもあり干潟体験をすることもできます。家族で楽しめるお出かけスポットとしてお勧めですよ。

そこで今回は、今の時期にぜひ体験して頂きたい、道の駅鹿島をご紹介します。道の駅鹿島めぐりの計画づくりに役立ててください。

 

道の駅鹿島ではバーベキューができる!!

f:id:pk-lc12:20210927122153j:plain


鹿島市にある『道の駅鹿島』内の『むつごろう工房』というお店ではバーベキューができます。

お肉や野菜などの食材、鉄板の持ち込みもしなくていいので手軽に楽しむことができますよ。

バーベキューをした後の片付けもちょっと厄介だと思いませんか?
ここでは片付けもお店の人がしてくれるので面倒なことは一切なし。行くだけで広大な干潟の横でバーベキューができちゃうんです。

気になるのは食材ですね。お店が準備してくれる食材は、


佐賀県産牛肉
バーベキュー野菜セット(キャベツ・玉ねぎ・ピーマン・なすび・人参)
ウィンナー
小おにぎり2つ
麦茶

などなど盛りだくさんです。飲み物も用意してくれるのはありがたいですね。バーベキューには焼きそばがなくっちゃ!という人には焼きそば付きのコースもあります。

これだけの食材が準備されて料金は、なんと一人2,500円です。
焼きそば付きは、3,000円です。

5名未満の場合は、鉄板代として別途2,500円が必要になってきます。大人数で行った方が鉄板代がかからずお得ですね。

営業時間は、10時~18時で利用制限が3時間となっています。予約が必要なので早めに予約をして家族やお友達とバーベキューを楽しみましょう。

むつごろう工房


住所:〒849-1323 佐賀県鹿島市音成4427-6
電話:0954-63-1768
アクセス:JR長崎本線肥前七浦駅より徒歩5分(特急は肥前鹿島駅下車)


道の駅鹿島は家族のお出かけスポットとして最適です

f:id:pk-lc12:20210927122653j:plain


道の駅鹿島はバーベキューはこちろんのこと、家族で楽しめるイベントごとも魅力的です。幾つか紹介しますね。

 

千菜市(せんじゃいち)

道の駅鹿島には『千菜市(せんじゃいち)』という直売所があります。こちらでは季節によってカキ焼きを味わうことができますよ。

カキ焼きの期間は、11月中旬~3月中旬ごろ。カキの中から水分が出てぶくぶくしだしたら食べ時です。

サイドメニューも充実しているのでカキが苦手な人でも楽しめます。販売所では有明海の潮風を浴びておいしく育ったミカンなどの果物や海産物があります。

鹿島でしか買えないような特産物としてむつごろうやワラスボは珍しいですね。千菜市 での面白いイベントとしては『アメ割特価』というものがあること。

開店時に雨が降っていたら、その日一日中対象商品を1割引きしてくれるというものです。雨の日でもこんな楽しみがあるなら出かけるのも悪くないですね。

バーベキューができる場所としてご紹介した『むつごろう工房』では鹿島市の新鮮な野菜や魚介類を使った手作りのお弁当や総菜も販売されています。

広大な干潟を見ながら地元鹿島の食材を使ったお弁当やお惣菜をいただくのも楽しみ方のひとつです。むつごろう工房人気商品であるコロッケも食べてみてくださいね。

 

ガタリンピック

道の駅鹿島は、ガタリンピックの会場になります。出場はもちろん見るのも楽しいです。会場一帯が笑いに包まれますよ。

駐車場は毎年満車になるので、公共の交通機関を利用することをお勧めします。家族で行けばみんな笑顔になること間違いなしですね。


鹿島市干潟交流館

道の駅鹿島の隣にある『鹿島市干潟交流館』では干潟体験をすることができます。干潟体験で思う存分泥だらけになって家族で楽しみましょう。

体験した人用にはシャワーも設備されているので体験後の心配はありません。

料金は、小学生以上700円、幼児400円です。
この料金にはガタスキー、温水シャワー使用料、潟タビ(13.5cm以上)もしくは靴下の利用料金が含まれているそうです。

期間は4月中旬~10月の9:00~17:00です。15名以下の体験コースなら4月中旬~10月の土・日曜、祝日、GWや夏休み期間中は予約なしで体験できます。

ただし体験できる時間は、潮が引いている間だけのため時間に限りがある人は電話で確認した方がよさそうです。ちなみに体験の時間制限はありません。

準備するものは、

水着
Tシャツ(汚れてもいいもの)
タオル
短パン(女性は短パン可)

などです。

けが防止のためにTシャツは必ず着用なんだそうです。また、コンタクトレンズも紛失防止のため外した方がいいとのこと。

どうしても外せない場合はゴーグルを持参してもいいそうですよ。

注意点は、

環境保護(海に排水を流さない)の観点からシャワー時のシャンプーやボディソープの使用禁止

コンセントがないためドライヤーも使えない

ということです。海岸沿いなのでドライヤーを使わなくても比較的すぐに乾きそうです。泥だらけになって家族で楽しめそうですね。

干潟交流館の2Fにはミニ水族館もあります。観覧料は無料なので汚れたくない人はこちらを見学してもいいでしょう。


まとめ:道の駅鹿島ではバーベキューはもちろん一日中遊べる

f:id:pk-lc12:20210927122634j:plain


道の駅鹿島では、


バーベキューができる
直売所で珍しいものが買える
地元の食材で作られた美味しいお弁当やお惣菜が食べられる
干潟体験ができる
ミニ水族館がある

と、一日では足りないくらい楽しめることが分かりましたね。家族で出かけても退屈はしないと思います。

お出かけスポットに迷ったら道の駅鹿島に行くと間違いなさそうですね。

関連記事
あとですね、佐賀県で有名な観光地の1つとして『宝当神社』があります。毎年、宝くじを買っているならご存知の方もいるのでは!?

まだ行ったことがない人は、試しに一度はチェレンジしてみるのもアリかもしれません。興味があればぜひチェックしてみてくださいね。

 

www.loscluza12.net