zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

電動キックボードで通勤が流行ってくる予感?!【メリットとデメリットも書いてみた】

スポンサーリンク

電動キックボードで通勤が流行ってくる予感?!【メリットとデメリットも書いてみた】

 

コロナの影響もあり、巷では電動キックボードで通勤する話題がチラホラ出てきました。

 

小生は車通勤で、片道約15分ぐらいです。うちの会社の社員は割と会社の近くに住んでいるので、車、自転車、徒歩通勤の人がほとんど。電車通勤は数えるぐらいしかいません。

そんな中、自転車通勤の上司が、「俺、電動キックボードで通勤しようかな?」と。

ちょっと調べてくれよと言われたので、これはもうブログネタに使えるので、
喜んで調べます!!」と言いましたよ。

 

というわけで、今回の記事は、電動キックボードで通勤を考える人に参考となる記事になっています。

電動キックボードで通勤が流行ってくる予感?!

電動キックボードで通勤が流行ってくる予感?!

 

小生の上司は、元々自転車通勤なので電動キックボードになろうがあまり通勤スタイルは変わらないと思います。

ただ、電車通勤の人は気になるんではないでしょうか?!

 

なぜなら、満員電車の通勤が嫌すぎるから。


新型コロナウィルスの問題もあり、時差通勤の会社も増えましたが、それでも結構な込み具合にグッタリしている人が多いはずです。

 

とはいえ、片道1時間以上かかる電車通勤の人は、さすがにキツイと思います。
例えば都内で、電動キックボードで30分~1時間ぐらいの距離が多いのかなと。

徒歩通勤するには遠いけど、自転車通勤も駐輪場が無かったり、置場に困る。
そんなちょうど良いところを狙ったのが、電動キックボードなんですね。

 

その上司は、実は子供にクリスマスプレゼントに電動キックボードをせがまれているうちに自分も欲しくなったそうです。

しかも「なんだか通勤が楽しそうじゃん?」と、60近いオッサンが無邪気な顔で言ってました。

元々、キックボードって子供が乗ってるイメージがありました。よくよくネットで調べてたら、意外に大人の人も乗っているし、実際に男女問わず通勤で使っている人もいるのです。

電動キックボードで通勤する時のメリットとデメリット

メリット

5km前後なら移動が楽チン

歩きよりも断然楽チン

自転車に乗れない人も難しくなく乗れる

満員電車の密着感、ソーシャルディスタンスとは無縁

持ち運びできるので置場に困らない

・何より乗ること自体が楽しい

 

デメリット

雨の日はカッパなど必要

路面状況により運転が疲れることも

ブレーキに慣れるまで注意が必要

原動機付自転車扱いなので、免許や自賠責保険加入が必要


足腰が弱い人は長時間は辛い

 

特に気を付けないといけないのが、免許が必要だったり法律があるということ。
これに関しては、こちらの記事を参考にお読みください。

 

www.loscluza12.net

 

通勤におすすめな電動キックボード3選

通勤におすすめな条件として、路面状況にあまり左右されないということがあります。

走行音も静かで、例えば歩道にある点字ブロックにも走行に影響のないことが挙げられます。

 

タイヤの径も20センチありますし、後ろにヘッドライトもあるので夜に乗るのも安心です。

また、11kgと軽量なので、やっぱり電車乗ろうと思えばサッと片手で持ち運びができます。
 

こちらもタイヤの径は20センチあります。ハンドルの高さも4段階で調整可能なので、自分の乗りやすい高さに調整できます。
 
最後にセグウェイ社の電動キックボードです。
パンクに強い自己回復可能なタイヤ、安全性確保、長い寿命のバッテリーが特長です。
 
あ。
乗る時は、安全第一、ヘルメットやプロテクターの着用を忘れずに!!
 

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20201118123104j:plain

 

電動キックボードで通勤をするには幾つか注意が必要ですが、何より「通勤が楽しい!!」とテンション上がる人が多いです。

坂道が多い通勤路の人は大変かもしれませんし、普段全く運動していない人には足腰が辛いかもしれません。

ただ、運動不足の人なら、なおさら電動キックボードからはじめても良いのかと思います。


ブレーキの扱いを含め乗ることに慣れてきたら通勤で使うのはアリです。

やっぱり、満員電車に乗らなくて済むというのは、本当にストレスが解消されるのではないでしょうか。

もちろん、通勤には安全第一ですが、興味がある方はぜひ電動キックボードでの通勤を試してみてください。

 

さて、上司に報告せねば。
(ブログやってるって秘密なのでこの記事は見せられませんが・・・)