zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

高カカオチョコレートを食前に食べると…【糖尿病や肝臓に良いって知ってた?!】

スポンサーリンク

高カカオチョコレートを食前に食べると…【糖尿病や肝臓に良いって知ってた?!】

チョコレートは高カロリーでダイエットの天敵と思われがちです。
実はダイエットを手助けしてくれるって知っていましたか?

 

更にもっと言ってしまうと、健康にも良い食品なのです!!

 

高血圧や糖尿病には絶対ダメだと思われていたチョコレートですが、この2つに効果があることも分かってきました。


本記事は、高カカオが高血圧や糖尿病に良い理由と食前のチョコレートについてご紹介したいと思います。


ダイエット中にチョコレートを我慢してきた人も、ストレスから解放されるかもしれませんよ。

 

 

高カカオチョコレートを食前に食べるのがベストタイミング!!

f:id:pk-lc12:20201105002634j:plain

結論から言うと、食前に高カカオチョコレートを食べるのが、

ベストタイミングです。

 

ちなみに、先に野菜を食べる「べジタブルファースト」という言葉があります。

 

一番最初に野菜を食べて血糖値の急上昇を防ぐというものです。同じような理論で、食前にチョコレートを食べるだけでベジタブルファーストと同じ効果が期待できます。


最初に野菜を食べるのは、野菜に含まれる食物繊維が糖の吸収を抑える働きがあり、先に食物繊維をとることで糖が吸収され、血糖値の急上昇を防ぐことができるからです。

 

チョコレートに含まれるカカオマスにも食物繊維が含まれ、食前に食べることにより野菜と同じ効果が得られるのです。

 

高カカオチョコレートを食前に3、4粒舐めるようにゆっくり食べると、キャベツと同じくらいの血糖値しか上がらないというのです。

 

さらにはチョコレートのレプチンという成分が食欲を抑える作用があり、食前にチョコレートを食べることによって食べ過ぎを防いでくれます。

 

ダイエット中で食べ過ぎに気を付けたい人には、食前チョコレートがおすすめです。

 

高カカオチョコレートを食前にというけど何分前が良い?!

f:id:pk-lc12:20201105003111j:plain

食前に良いというのはわかりましたが、では「具体的に何分前に食べれば良いんだよっ?!」と聞かれそうですね。

 

これについては、食前のおよそ20分前が良いと言われています。

 

ベジタブルファーストではなく、チョコレートファーストですが、20分前に食べると、食事の量も減る→ダイエットに繋がるというわけです。

 

食卓に食事が並び始めそうだなぁと思ったその時!、高カカオチョコレートを食べてください。

 

もう一度言います。
食事の20分前ですよ!!

 

あと、どのくらいの量を食べれば良いのか?ですが、

板タイプだと2かけ程度、粒タイプだと3個程度で十分です。

もちろん、言うまでもありませんが、食べ過ぎは絶対にNGですよ。

 

高カカオチョコレートが高血圧に効果的な理由

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには血圧を下げる効果があることが分かっています。

 

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれていますが、最もポリフェノールの含有量が多いのがチョコレートにも含まれているココアです。

 

高血圧は血管が狭くなり血流が悪くなっています。原因が血管壁に炎症が生じている場合には、ポリフェノールが炎症を軽減して血管が広くなる効果が期待できます。

 

そのため赤血球が通りやすくなり、血圧が下がると考えられています。

 

また、カカオに含まれるフラボノイドのエピカテキンは優れた抗酸化作用を有することが知られています。

 

チョコレート摂取による健康機能に関する実証研究』によると、

 

高カカオ(カカオ分72%)チョコレートを1日25g食べると、1ヶ月後に最高血圧・最低血圧ともに低下したという結果が得られているそうです。


更に、この実験でチョコレートを食べ続けていても、肥満度の指標であるBMIや体重の変化がなかったと言われています。

 

その他にも、善玉・悪玉コレステロールのバランスを整えることが確認され、動脈硬化の予防にもつながると期待されています。

 

そして、抗酸化力のあるポリフェノールも含むということで、肝機能の改善にも繋がるわけです。

 

意外なところで言うと、フルーツって実は肝臓、脂肪肝に良くないそうです。単糖類の果糖は吸収が早いので、肝臓で中性脂肪に変わりやすいことがわかっています。

 

肝臓が悪い人は、フルーツを食べるなら少量にしましょう。
実は小生も中性脂肪が高いので、大好きなフルーツは控えるようにしています。

 

【関連記事】

中性脂肪が気になるなら・・。こちらの記事もご覧ください。

 

www.loscluza12.net

 

高カカオチョコレートは糖尿病にもいい?

高カカオチョコレートは糖尿病にもいい?

糖尿病には、甘いものは厳禁というのは周知の事実です。確かにチョコレートは甘いのですが、高カカオチョコなら話は別です。

 

カカオに含まれる「フラボノイド」というポリフェノールはインスリンの効きを良くし、血糖値を下げてくれる効果があるとされています。

 

それだけではなく、動脈硬化を防いでくれたり脳卒中のリスクを減らしてくれたりすると言われています。

 

ただし高カカオで純度の高いチョコレートに限ります。そして、糖尿病に効果があるからとめちゃめちゃ食べ過ぎていいわけではありません。

 

高カカオチョコレートは甘さ控えめに作られていますが、チョコレートならではの脂質が多くなります。

 

食べるとしても少量にしてください。また、食べるときにはかかりつけの医師や栄養管理士に相談してからにしてください。

 

医師や栄養管理士の許可がもらえれば、チョコレートを食べられないストレスから解放されますね。 

 

【おすすめ高カカオチョコレート】

砂糖不使用のオーガニック100%の高カカオチョコレートです。

口コミでは「苦い!!」という意見もありますが、それだけ普段甘いチョコレートに慣れていることですね。

 

健康第一、サプリメント的な考えでチェックしてみてくださいね。

 

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20201105002622j:plain

ダイエットや健康の敵だと思われていたチョコレートの認識が変わりましたね。ミルクチョコレートもいいのですが、健康のことを考えるならやっぱり高カカオのチョコレートでしょう。

 

そして、食前のチョコレートはダイエットの手助けもしてくれるなんて最高じゃありませんか。

 

最近は、高カカオのチョコレートが多く販売されています。食前チョコレートを取り入れて、ダイエットや高血圧に良い効果を期待しましょう。

 

もっと詳しく知りたい方は、栗原毅先生(現:栗原クリニック東京・日本橋院長。前東京女子医科大学教授でもあります。)の著書でチェックしてみてくださいね。