zakionote

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

七五三の着物クリーニングはどこに出す?ホワイト急便の料金とメリット・デメリットをご紹介

スポンサーリンク

七五三の着物クリーニングはどこに出す?ホワイト急便の料金とメリット・デメリットをご紹介

 

子供の成長を祝う七五三。お祝いの日の正装と言えば着物です。
子供も親御さんも着物を着ます。

 

突然ですが、皆さんは着物を着終わった後、クリーニングはどこに出しますか?

 

友人に聞くとほとんどの人が、

ホワイトクリーニング』と答えます。

 

クリーニング店は家の周りにたくさん見かけますが、ホワイトクリーニングっていろんなところにありますよね。

 

今回の記事は、ホワイトクリーニングに出そうかどうしようか迷っているあなたに、ホワイト急便の着物の料金と利用するメリット・デメリットをご紹介します。

 

七五三の着物クリーニングはここだ!!ホワイト急便の料金とメリット・デメリットをご紹介

まずはホワイトクリーニングの概要を調べました。 

 

会社概要:ホワイト急便

商号:株式会社日本さわやかグループ

所在地:熊本県熊本市東区上南部2-1-100

設立:昭和61年8月21日

従業員数:11名

株式:未上場

公式サイト:【公式】クリーニングのホワイト急便 ホームページ


ホワイト急便のネットで出来るサービスと料金

宅配サービス
ホワイト急便は「宅配サービス」と言って、ネット注文後に、宅配業者がクリーニングしたい衣類を集荷、配達してくれるサービスがあります。

しかし残念ながら着物は受け付けていません

 

集配サービス
「集荷サービス」は宅配業者ではなく、ホワイト急便の専門スタッフが自宅へ出向いて集荷、お届けするサービスです。

 

エリア限定サービスになっており、ご自宅の近くの地域が対象内にあるかどうか確認する必要があり、申し込みサイトで同時に確認できるようになっています。

 

集荷してもらえるのであれば、その店舗が着物クリーニングも取り扱っているのか確認しなければいけません。

 

宅配サービスも集荷サービスも利用できない場合は店舗に直接持っていく以外方法がないです。

 

しかし、持ち込みの場合も店舗によって着物のクリーニングを取り扱っていないところがあるので、注意が必要です。

 

料金

着物クリーニングに出す前に、大体の金額を知っておきたいですよね。

 

しかし、ホワイト急便の公式サイトでは、


「日本全国に展開しておりますので、それぞれの地域特性に応じて毎日使える生活価格を実現するために、全国一律の料金設定は行っておりません」

とのこと。

 

目安は知っておきたいので、「ホワイト急便宇部」の着物の料金をご紹介します。


着物
ウール・化繊:1,800円
化繊長襦袢:1,200円
肌襦袢:400円
肌襦袢(長):800円
腰巻(裾よけ):400円
帯〆:400円
帯揚:500円
重衿:400円
半衿:300円
足袋(白・黒):400円
帯:1,600円
袋帯:1,600円
ヘコ帯・半巾帯:900円


子供着物(七五三)
ウール・化繊着物(四ツ身):1,800円
ウール・化繊着物羽織(四ツ身):1,600円
ウール・化繊着物着物(一ツ身):1,600円
ウール・化繊着物羽織(一ツ身):1,400円
子供浴衣(本身):650円
子供浴衣(四ツ身):600円
子供帯:600円


先ほども記載しましたが、店舗により金額が異なりますので参考程度で認識してください。シミの状態によっては別途料金がかかることもあるので注意が必要です。

 


ホワイト急便:着物クリーニングのメリット・デメリット

メリット

日本全国に店舗がある
ホワイト急便の一番のメリットは日本全国に店舗があることでしょう。
買い物や用事の途中、仕事帰りにも店舗へ持ち込めるので便利です。

 

集配サービスがある(一部エリア限定)
宅配サービスは着物の集荷ができませんが、集配サービスなら受け取りしてもらえるかもしれません。
HPに「集配」マークのある店舗へ連絡をすると受け取りに来てもらえます。

 

デメリット

店舗によっては着物のクリーニングの取り扱いがない
着物のクリーニングを行っていない店舗もあるので注意しましょう。


店舗によって金額が異なる


シミの状態によっては別途料金がかかる場合がある
水性や油性の基本的な染み抜きに関しては無料で行ってもらえますが、状態によっては有料になることがあります。


着物は宅配サービスが受けられない

 

まとめ:七五三の着物クリーニングはホワイト急便がおすすめ

小生の家の近くにもホワイト急便があります。

 

家から近いというのは何かと便利です。ちなみに小生は車通勤なので、仕事の帰り道にクリーニングを出せるというのは本当に便利です。

 

そういえば、前に母親に聞いたことがあるんですけど、小生の七五三の時の着物のクリーニングは、着物クリーニング専門店に出していたみたいです。

 

その頃は、専門店しかなかったのかもしれません。

また、専門店にクリーニングを出した方が間違いないと思えますしね。

 

とはいえ、ホワイトクリーニングでもプロが着物のクリーニングを行うので、失敗などはそうそうないはずです。


きちんとクリーニングに出して、正しい保管をすれば、次の世代、また次の世代に残せるのが着物です。

 

着物がその家族で代々引き継がれるなんて、とても良いことですね!!

 

関連記事

七五三シーズン以外でも、着物をリーズナブルに手に入れるにはここがおすすめです。

鬼滅の刃ファンにもお馴染みらしいですよ。

 

www.loscluza12.net