zakionote | ザキオノート

ザキオノート | 愛犬コジロウの闘病生活を中心に、タメになる情報を節操無く発信し、ポジティブに蹴り捨てます。

愛犬コジロウ前立腺癌完治への道 | ブログで報告【注意!!今回はグロ画像あり】

愛犬コジロウ前立腺癌完治への道【ブログで随時報告中】

 

2021.1.22(金)
小生の愛犬コジロウが前立腺癌摘出手術後の転移で再手術をしました。

 

2019.11月末に、明らかな症状がわかりました。

・それまで普通にできてたオシッコを家の中であちこちにした

・ウンチが物凄く細い

 

2019.12月頭に、前立腺癌と診断されました。
コジロウは、小さい頃去勢済だったので、前立腺系の病気にはならないと思い込んでいました。

 

去勢しても前立腺癌になります。

 

2020.1月14日(火)に前立腺癌摘出手術をしました。

手術は無事成功しましたが、後日の検査で細胞レベルではありますが、尿道と膀胱に転移していたので、分子標的薬で腫瘍が大きくならないように治療を続けていました。

 

しかし・・・。

 

愛犬コジロウ前立腺癌完治への道【ブログで随時報告中】

2020.12月の月1定期検診で、鼠径部に触診でわかるシコリが見つかりました。
細胞を病理検査し、2021.1.14に転移によるものと診断。

 

不幸中の幸いか、早めに手術をしてもらえるとのことで、

2021.1.22(金)に手術をしました。

 

術前のCT検査で、肺などへの転移が無いことがわかり、手術決行となりました。

 

また、尿道への転移の範囲が予想以上だった場合、人工的な尿道と排尿口を設けなければいけないと言われていましたが、それは免れました。

 

今回の再手術の内容

膀胱全摘出

尿管と尿道を一部摘出

鼠径部・リンパ節にできた腫瘍を摘出

陰茎と尿道を繋げる

尿道のルート確保のため骨の一部を削り取る

 

無事に手術を終えて頂き、執刀されたA先生らスタッフの皆様に感謝です。

 

手術時間は、およそ3時間でした。

 

以下、摘出した膀胱とかの画像です。

 

グロいの苦手な人はスッ飛ばしてください。

いきますよ。

 

まずは膀胱です。

f:id:pk-lc12:20210123134632j:plain

上の大きい方が膀胱。下が、尿管ルートを確保するために取った骨。

 

 

次に、鼠径部にできたシコリ。

ピンポン球より一回り小さいぐらいです。

 

f:id:pk-lc12:20210123134620j:plain

 

 

最後に、リンパ節にできたシコリ。

f:id:pk-lc12:20210123134607j:plain

 

犬の前立腺癌完治は難しいが頑張るコジロウ

犬の前立腺癌は他の癌と比べて転移しやすいので、完治が難しいと言われています。

 

また、何かしらの症状が出てきた時は、かなり病気が進んでいるので、手遅れだったり、手術ができず痛みを緩和する治療のみが多いそうです。

 

その点、コジロウは運が良かったのかもしれません。

前立腺癌発覚から1年経ちました。

 

そして、転移によって膀胱、尿道を摘出しました。

 

飼い主のエゴと言われる覚悟もあります。

手術は賛否両論あると思います。

 

それでも、もう少しの時間、コジロウと一緒にいたいんです。

 

f:id:pk-lc12:20210123134554j:plain

 

麻酔から覚めたコジロウ。

まだボーっとしてたので、呼びかけても反応しませんでした。

 

来週、面会に行く時は、もう少し元気になっているかな。

 

愛犬コジロウ、前立腺癌からまだまだ戦います【ブログ200記事目】

愛犬コジロウ、前立腺癌からまだまだ戦います【ブログ200記事目】

 

ずいぶん愛犬コジロウのネタを書いていませんでした。

 

ウチのコジロウは、昨年のちょうど今頃、前立腺癌摘出手術をしました。

 

犬の前立腺癌というのは、見つかった時は手遅れのことが多いらしく、癌の中でもなかなか厳しい病気です。

 

ただ、コジロウの場合は、不幸中の幸いか、割と早めに見つけることができたので、
前立腺のみの摘出で済みました。

 

ただ、尿道と膀胱には既に細胞レベルの転移がありました。
目視できないので取り切れなかったということ、
なるべく生活の質を下げない方針だったので、

 

とりあえず尿道と膀胱は残したままとなりました。

 

先生、スタッフの皆様、そしてコジロウの別専用ブログで知り合ったキャバリア仲間の皆様の励ましもあり、

 

飼い主の小生・奥さんもコジロウも、この1年闘病生活ではありましたが、

割と幸せに過ごすことができました。

 

昨年秋には、緑内障も発症し、目薬を6時間ごとにささなければ最悪失明もありうる状況で、

コロナ禍における在宅ワークもコジロウには良かったのかもしれません。

 

そんなコジロウですが、毎月の定期検診、昨月の12月に、鼠径部のシコリがお豆ぐらいの大きくなっていました。

 

病理検査の結果、リンパ節への転移と診断されました。

 

今年で14歳になりますが、

まだまだ生きてもらいたいということ、

 

かかりつけの先生もコジロウならまだ頑張ってくれるでしょうとのことで、

 

急遽、明後日の1月22日(金)、再手術となりました。

 

今回は、膀胱と尿道、目視できるリンパ節の腫瘍の摘出手術です。

ただ、手術当日のCT検査で他の臓器や肺に転移があった場合、手術は中止となります。

 

こればっかりはもうどうしようもないことですが、

なんとか無事手術ができて、無事手術が終わることを祈るばかりです。

 

膀胱を取ってしまうことで、おしっこは完全垂れ流し状態です。

まぁ今もずっとオムツ状態ですので、それ自体は問題ないんですが、

 

腎臓系の感染症がこれから考えられるようになります。

 

もうね、飼い主のエゴと言われるかもしれませんが、
あともうちょっと、少しでも、少しでも長くまだまだコジロウと一緒にいたいだけなんです。

 

自分にできることは後悔のないように、やってあげたいだけです。

 

それがコジロウにもわかってもらえたらなぁなんて思ってます。

 

とにかく、1月22日金曜日、コジロウ頑張ってきます!!

 

 

当時のコジロウの前立腺癌発覚時の記事はこちら。

この頃は、コジロウを見ているだけでも辛かった。

 

 

www.loscluza12.net

 

 

あとね、おまけ報告:ブログ200記事目

えっと、一つ前の記事で200記事達成でした。

 

ここからは宣伝を含めた内容になっているので、
興味の無い方はスルーしてもらって良いです。

 

ちなみに100記事以降で、とあるアドセンス教材を実践しておりまして、

キーワード選定』をきちんとしてからアクセスが徐々にアップしてきました。

トレンド記事として、50PAの記事を仕込んでいて、
50PAの正体が「ぺこぱ松陰寺」と放送されてからアクセスが急上昇しました。

 

クリスマスの時期では、ライバルらが書きまくるキーワードを敢えて避けて記事を仕込み、google砲なのか?、

6000アクセスオーバーという体験もできました。

 

f:id:pk-lc12:20210120210604j:plain

 

f:id:pk-lc12:20210120210706j:plain

 

実は、これ、朝7時ぐらいのたった1時間で5700アクセスだったんです。

出張先のホテルで朝起きて、何気にアドセンス報酬チェックしてみたら、

 

「えーーーーー!!」

高級なウナギがたべれるぐらいの報酬が朝7時で稼げちゃってました。

 

その後は、普通通りのアクセスで落ち着いちゃったんですが、
1時間だけの爆アクセス・・・、あれは何だったんだろう。

 

リアルタイムでアクセス数見たかったなぁ。

 

というわけで、

やっぱりアドセンスで稼ぐためには、アクセスが来てナンボです。

もちろん、調べる人の悩みや知りたいことを解決するタメになる記事でなくてはいけません。

 

ただ、どんなに素晴らしい記事でも、その記事が読まれなければ、

はっきり言ってゴミ記事です。

 

世に出ない、誰にも読まれない記事なんで。

 

アクセスが来る記事とは、googleやヤフー検索で1ページ目に出てくる記事です。

 

そのためのキーワード選定ですが、小生の知人ブロガーでもいますが、
アドセンス稼げていない人は、この「キーワード選定」が出来ていません。

 

身の上話や日記的な内容ではアクセスなんて、たかが知れています。

だって、検索されない記事なんだから。

 

もちろんアドセンスで稼げなくても、自分の好きな情報発信できれば良いと言うのであれば、それはそれで問題ないです。

 

あくまで、アドセンスで稼ぎたいのなら、

 

・トレンド記事(捨て記事にならない、その後もアクセスが見込めるネタ)

 

・季節もの記事(お正月、夏休み、クリスマス等、その季節にアクセスが集中するネタ)

 

・イベント記事(地元の催し物、花火大会など)

 

・お悩み雑学記事(瞬発的なアクセスは無いが一年を通して地味にアクセスあるネタ)

 

上記のような記事で、ライバルのいないキーワード選定ができないと無理です。

 

このノウハウは、被リンクとか難しいSEO対策とか全く関係なくできます。

 

というわけで、約半年間、このブログや他のブログで実践してきましたが、
アクセスはうなぎ登りです。

 

アドセンスで全く稼げない・・・

アクセスが全く来ない・・・

 

こんなお悩みの方は、まず「キーワード選定」ができていないのでしょう。

 

アドセンスって、「キーワード選定」できた記事を量産すればするほど報酬が比例していくので、初心者にとってはじめやすい副業なんですよね。

そんなブログが一つできれば、そして更にもう一つ作れば収入の柱が増えていきますからね。

 

いやらしい話し、コジロウの定期検診は、前立腺癌手術後の検査代、薬代、そして緑内障の検査代、目薬代で、月10万円かかります。

 

奥さんに助けてもらっていますが、やっぱり副業で、ブログで稼げるようなればいいですよね。

 

これからの時代、会社がどうなるかわかりません。

 

いつ倒産するのか、いつリストラされるのか?

自分で稼ぐ術を持っておくことは非常に大事です。

 

さぁ今年は更に加速していくぞ!!

 

あ。

気になる方は、

PCなら、サイドバーや記事の最後に出てくるバナー、

スマホなら、記事の最後に出てくるバナーのリンク先をチェックしてみてください。

 

アドセンスで稼げていないなら・・・
忙しいサラリーマンでも余裕で出来る!

外注化で完全放置!
アドセンスブログ構築テクニック
期間限定で無料配布中

 

というバナーです。

 

これは、小生の師匠のメルマガであり、アドセンスで稼ぐための無料レポートをゲットできて、定期的に有益な情報のメールが配布されます。

 

そして、何日か経った最後のメールで、

今まさに小生も実践しているアドセンスに特化した教材「FAAP」の紹介がされます。

 

正直に、先に言っておきます。

小生は色々な教材を実践してきましたが、アドセンスで稼ぎたいならこれ一択と言っても良いぐらいです。

 

この教材で、キーワード選定について知ることができます。

 

正直に、先に言っておきます。

この「FAAP」の価格は、22,800円(税込)です。

 

高いか安いかはその人次第。

試しにメルマガ登録だけでも価値はあるし、気になるならメルマガ登録して購入しなければ良いだけです。

 

自己投資として、真面目にアドセンスで稼ぎたいなら、まずはメルマガ登録してみてください。

 

まぁアドセンスで稼げれば、すぐ元は取れますが。

ちなみに小生も、もう元取れちゃってますから、これからは将来の夢のための貯金となります。

 

アドセンスでなかなか結果が出ない人にはおすすめです。

 

はい、ではでは!!

 

ちなみにこの記事は、特にキーワード選定していません。

ただの日記のような記事です。

 

なので、google検索ではほとんど見つからない記事ということです。

犬の膀胱腫瘍の検査で・・・【愛犬コジロウ頑張ります】

犬の膀胱腫瘍の検査で・・・【愛犬コジロウ頑張ります】

 

愛犬コジロウは2019年12月に『前立腺癌』が発覚し、2020年1月に前立腺ごと腫瘍を摘出手術しました。

 

手術は大成功したものの、病理検査で尿道に細胞レベルの転移がありまして、約半年間、病院の薬や癌用サプリを続けてきました。

 

手術後は2週間に1回の検査でしたが、だいぶ落ち着いた4月からは月1回の定期検査でして、

 

今日6月1日(月)定期検査に行ってきました。

 

愛犬コジロウの定期検査で膀胱に腫瘍・・・

いつもより検査の時間が長かったのですが、なるほど異変があったので検査に時間がかかっていたというわけでした。

 

結論から言うと、

膀胱内に腫瘍の可能性あり

 

およそ7ミリ程度の突起物、腫瘤ができていました。

 

犬の膀胱腫瘍で悪性の場合、多くの症例でリンパ節や骨、肺などに転移するとても怖い癌です。

 

腫瘍が尿管や尿道などに浸潤し、尿の通りを塞がれてしまうと、排尿困難や腎不全といった重篤な症状を引き起こしてしまいます。

 

ただ、不幸中の幸いというべきか、今回の検査では今のところリンパ節や肺への転移は無いとのことでした。

 

犬の膀胱腫瘍の症状は?

初期症状は、頻尿だったり、わかりやすいのは血尿です。あとは、トイレできちんとオシッコできていたのに、急に粗相をしたりするのがサインだそうです。

 

膀胱炎や膀胱結石の症状と似ているので、判断が難しいのですが、とにかく何か異変があれば、かかりつけの病院でのエコー検査をおすすめします。

 

ちなみにコジロウの場合は、既に前立腺摘出しているので、ポタポタと尿漏れで常にオムツ生活のため、頻尿ではありませんでしたし、血尿もありませんでした。

 

結果としては残念でショックですが、定期検査で早めにわかったので、まだ良い方だったのかもしれません。

 

今回から消炎鎮痛剤が追加されました。

 

犬の膀胱腫瘍、良性を願う。負けるなコジロウ。

 

f:id:pk-lc12:20200601212156j:plain

 

腎臓の数値があまり良くないので強い薬は避けてきましたが、検査結果を聞きに行くまでの2週間、この消炎鎮痛剤『メタカムチュアブル』を試します。

 

犬の膀胱腫瘍は良性の可能性もあり

犬の膀胱腫瘍の症状は?良性を願う

 

コジロウの定期検査でも毎回していましたが、膀胱内の検査はエコー(超音波検査)です。

 

画像のとおり、膀胱内のどのあたりに、どのくらいの大きさなのかを確認することができます。

 

赤〇が腫瘤で、およそ7ミリあります。

そのまわりの黒いところが膀胱ですが、オシッコが出きっているため、画像では小さくみえます。オシッコが溜まってればもっと大きく写るということです。

 

また、膀胱内に腫瘤ができていても、全てが悪性腫瘍(移行上皮癌)とは限らないそうです。

 

慢性膀胱炎による粘膜肥厚、平滑筋腫、乳頭腫といった良性腫瘍の場合もあります。

 

コジロウの場合、もともと細胞レベルで尿道に転移が認められていたので、今回の腫瘤が良性の可能性は低いかもしれません。それでも良性の可能性を信じたいけど。

 

 

 

まとめ

膀胱腫瘍に負けるなコジロウ

腫瘤の一部を取り出して、これから病理検査をします。2週間後の6月15日(月)に結果を聞きに行きます。

 

前立腺癌、そして細胞レベルでの転移があったので、覚悟はしていました。

 

最初は「なんでコジロウが・・・」と、号泣しましたが、

 

コジロウがガンになる運命だったのなら・・・、

 

「最後まで一緒に戦ってくれる飼い主のところに行きたい」

 

きっと、コジロウはそう思って小生のところに来たのだと思うようにしています。

 

飼い主が弱気になってはいけないと自分に気合い注入しています。

 

 【膀胱と尿道に細胞レベルの転移があった・・・記事はこちら】

www.loscluza12.net

 

 

 【前立腺癌摘出手術にかかった費用の記事はこちら】

www.loscluza12.net

 

 【決意表明的な記事はこちら】

www.loscluza12.ne

 

 

 【癌に効果があるらしいサプリの記事はこちら】

www.loscluza12.net

 

犬の熱中症対策グッズは?勝手に人気ランキング【命を大事に】

犬の熱中症対策グッズは?勝手に人気ランキング【命を大事に】

 

今回は、少しでも多くのワンちゃんを熱中症から救うために、犬の熱中症対策グッズをランキング形式で共有したいと思います。(勝手な独断と偏見です)

 

というのも。
年々暑さが増しているように思えます。真夏でなくとも、犬は熱中症になる可能性が高くなっています。

 

私たち人間がこのくらにの暑さなら大丈夫だと思っていても、愛犬にとってはとんでもなく辛い暑さかもしれません。

 

以前の記事でも書きましたが、コジロウを熱中症で死んでしまう直前にさせてしまいました。

 

それ以来、「これぐらいなら大丈夫だろう」ではなく「これなら絶対大丈夫だ!!」としつこく思えるぐらいに熱中症対策をしています。

 

 

犬の熱中症対策グッズはこれです【勝手にランキング】

犬の熱中症は、散歩中、家の中、車の中、どこでも起こり得ます。

 

車の中は言語道断ですが(小生は車の中でコジロウを熱中症に・・・)、真夏ではない、涼しい日中でも窓を閉め切ったり、エンジンを切って冷房を入れていないと超危険です。

 

家の中でも同じことで、私たちが暑くないと感じていても、犬にとっては暑く感じていることもあります。

 

それではっ!!

 

1.『ひんやりシーツ』

 

これは、使っている人なら知っていると思いますが、結構ヒンヤリして気持ち良いですよね。

 

最初は、自分たちのベット用にニトリで買ったのですが、犬用もあるんですよね。

 

この時期、コジロウはひんやりシーツの上でくつろぐのが好きみたいです。

 

2. 『サーキュレーター』 

 
我が家にはありませんが、エアコンからちょっと距離のあるところにサークルを置いている方には重宝するアイテムです。
 
また、省エネにもなるので、実は購入を検討しています。

 

 

犬が快適に過ごせる気温は22℃程度、湿度は55%前後と言われています。

 

熱中症にかかりやすい目安のラインは、およそ26℃以上と言われています。

 

電気代うんぬんは置いておいて、愛犬がくつろぐ場所は必ずエアコンで過ごしやすい温度、およそ24℃をキープしてください。

 

ちなみに我が家では、コジロウは基本的にどの部屋もフリーにしているので、普段コジロウがくつろぐリビングは常に冷房23℃設定にしています。

 

また、万が一、停電だったりエアコンの故障を想定して、涼しい玄関に避難できるようにもしています。

 

フリーにしていないサークル内で行動を制限しているのであれば、そのお部屋は必ず涼しい適温にしてください。

 

普段、共働きなどで、日中不在にすることが多いのであれば、防犯カメラがあるといいでしょう。

 

我が家にもありますし、気になる方はこちらの記事もぜひお読みください。

 

【仕事中でも愛犬の様子をチェックするなら防犯カメラは必須】 

www.loscluza12.net

 

3.『クールベスト』

f:id:pk-lc12:20200526185119j:plain


これはドッグラン&プールに行った時の画像ですが、水でタップリとベストを濡らして着させます。

 

ただ、本当に暑い日だと、すぐにクールベストが熱を持ってしまうので、長い時間外にいる時は、ペットボトルに冷たい水を入れて、細目にクールベストを冷やすことをおすすめします。

 

また、念のため保冷剤を持ち歩くことも良いでしょう。

 

4.『クールバンダナ』

予め冷蔵庫で冷やした保冷剤がバンダナの中に収納できるタイプです。

 

 

5.『熱中症チェッカー』

このアイテムは、犬用と人用で切り替えができますが、基本的には犬用にセットしておけば間違いないです。

 

持ち運びもできるので、家の中ではワンちゃんがいるそばに、散歩時はリードに付けておくと良いでしょう。 

 

6.『ペットハウス:オアシス』

結構ないいお値段します。

このアイテムは、小生の仕事上のお客さんが猫ちゃん用で持っていました。

 

万が一、エアコンを付け忘れたとか、停電でエアコンが止まっても問題無い程度の温度になるそうです。

 

7.『大理石:ペットひんやりボード』

 

引っ掻きグセのあるワンちゃんだと、『ひんやりシーツ』をほつれたり破いたりしますが、大理石ならそんな心配は無用です。

 

ちなみにコジロウは、ひんやり玄関が良い気分もあるみたいです。

 

 

はい、以上が『犬の熱中症対策グッズの勝手にランキング』でした!! 

 

まとめ

犬の熱中症対策はぜひ万全にしてください!!
(自分にもくどいぐらいに言い聞かせています)

 

愛犬目線になって、家の中のエアコン温度設定に気を配り、散歩や外出する時は少しでも気温を暑く感じるのであれば、ひんやりグッズを使いましょう。

 

もちろん、無理は禁物です。

 

それでは最後に・・・。

思い出したくはない事件ですが、小生が実際にコジロウを熱中症で苦しめてしまった記事をご覧ください。

 

自分の戒めのため、そして、少しでも多くのワンちゃんを熱中症にさせたくない思いから、飼い主の皆さんに読んで頂ければ幸いです。

 

【懺悔:コジロウを熱中症にしてしまいました・・・】 

www.loscluza12.net

 

犬もしゃっくりします | 原因と止め方は?!【コジロウで対処法を実践】

犬もしゃっくりします | 原因と止め方は?!【コジロウで対処法を実践】

 

いきなりですが、犬もしゃっくりします。最近、コジロウのしゃっくりの頻度が多くなってきたので、原因と止め方を調べてみました。

 

はい、今回の記事は、

 

・犬のしゃっくりの症状は?

・しゃっくりの原因は?

・しゃっくりの止め方と対処法は?

 

 そんな疑問を持つ飼い主さんにとって読んでいただきたい記事になっています。

 

コジロウの実際のしゃっくり動画も交えて説明していますので、ぜひご覧いただければ幸いです。

 

犬のしゃっくりの原因は?!

まず、犬のしゃっくりは、基本的に私たち人間と同じメカニズムと一緒です。

 

しゃっくりは、横隔膜がケイレンすることで起きる症状です。横隔膜が何らかの刺激を受けて「ヒック、ヒック」とはじまるわけです。

 

ですので、犬のしゃっくりの原因、止め方、対処法も割と人間の場合と似ています。

 

また、しゃっくりで即死んじゃうとか、危険な状態になることはほとんどありません。

しかし、怖い病気のシグナルの場合もあるので、あまりに頻繁に起こる場合はかかりつけの動物病院に相談することをおすすめします。

 

1.犬のしゃっくりの主な原因:食事

まず、一番疑わしい原因は食事です。まぁ、人間も同じですね。

 

一気にドッグフードを食べてしまう

おなかが空いているため、ガッツいてドッグフードを食べると、胃が急に広がるんですね。そして横隔膜に刺激を与えて、しゃっくりが起こるという流れです。

 

愛犬がどうしても早食いをする場合は、あげる量を減らすなり、何度かに分けたりしましょう。

 

また、早食いしづらい形の食器がおすすめです。コジロウも下の画像のように早食いしづらい食器を使っています。

 

f:id:pk-lc12:20190902183736j:plain

 

 

胃が急に冷える

胃の中に急に冷たいものが入ると、やはり横隔膜に刺激が与えられます。

 

特に夏は冷たい飲み物を与えがちですが、急にたくさんの冷たいフードや飲み物を与えないように気をつけましょう。

 

実は、最近のコジロウのしゃっくりの原因はこれだと思っています。冷蔵庫で冷やしていた犬用のミルクを飲ませてからしゃっくりをするようになったのかと思います。

 


コジロウ犬生初しゃっくり【Dog hiccups】

 

ちょっとわかりづらいと思いますが、定期的に「ヒック」となっています(^^;)

 

ドッグフードが合っていない

ドッグフードの量が愛犬の適量に合ってない場合も、しゃっくりが起こるそうです。

動物病院の先生に、コジロウのしゃっくりのことを聞いた時にお聞きしました。

ドッグフードの量・質・硬さが合っていないと消化する時にガスが出て、横隔膜に刺激を与えることもあり得るとおっしゃっていました。

 

実際にコジロウが食べてきたおすすめなドッグフードもあるので、興味がありましたらぜひこちらの記事もご覧ください。

 

今は、前立腺癌が発覚した時から、癌に特化したドッグフードを食べていますが、それまではずっと食べていた安全・安心、特にシニア犬に嬉しい『馬肉自然づくり』です。

 

tk-kojiro.com

 

2.犬のしゃっくりの主な原因:体質

体質によって起こるしゃっくりもあるそうです。小生の友人が飼っているダックスが動物病院の先生にそう診断されていました。

 

特に問題はないので、心配する必要はないですと言われたそうです。やっぱり知らないと心配にはなりますよね。

 

3.犬のしゃっくりの主な原因:ストレス

しゃっくりは、ストレスが原因で起こるとも言われています。

 

日常生活でのストレスや疲労によって呼吸のペースがおかしくなることが、しゃっくりの原因になりえるということです。

 

愛犬にとって負担のかからない適度な運動も必要ですし、リラックスできる時間も必要です。運動と休憩をバランスよく取ることが大事です。

 

また、飼い主が仕事や用事でいなくなる不安が原因で、しゃっくり起こることもあります。

 

いわゆる分離不安ですが、愛犬がきちんと留守番できるよう普段の対処も必要となってきます。

 

4.犬のしゃっくりの主な原因:病気

しゃっくりの原因が病気の場合もあるので、油断はできません。

一般的に、しゃっくりが出る可能性のある病気は、

喘息
肺炎
心膜炎
など

 

とにかく、しゃっくりの症状がおさまらなかったり、少しでも異変があればすぐに動物病院に行きましょう。

 

しゃっくりの止め方、対処法は?!

 

基本的に、犬のしゃっくりは、人間と同じで一時的なものなので、しばらくすると自然に止まることがほとんどです。

 

とはいえ、あまりにも落ち着きがなく苦しそうだったり、なかなか止まらない場合などには以下の方法が有効です。

 

水、犬用ミルクを飲ませる
一緒におもちゃで遊ぶ
軽く運動したり散歩に行く
指におやつをつけて舐めさせる

 

要は、犬の呼吸のリズムを変えてあげることが有効というわけです。呼吸のリズムが変われば、しゃっくりが止まるというメカニズムです。

 

コジロウは、しゃっくりすると、床をペロペロ舐めて気を紛らわせているみたいです。ゴミとかホコリをお構いなしに舐めまわすので、なんとかしゃっくりを止めようと必死でした。

 

あくまでコジロウの場合ですが、指におやつをつけて(ゼリー状だったり、クッキーの細かい粉末とか)舐めさせたり、

 

タオルの引っ張りっこで遊んだりして呼吸のリズムを変えてあげることが有効でした。

 

愛犬に合ったしゃっくりの止め方もあると思うので、色々試してみてください。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200520165056j:plain

 

コジロウのしゃっくりに気付いたきっかけは、床を異常に舐めまわすという行為でした。

 

どんなに止めようとしても全くやめようとしないコジロウでした。しょうがないので抱っこして落ち着かせようとしていたら、「ヒック、ヒック」としゃっくりしていることに気付きました。

 

しゃっくりは問題のないことが多いですが、些細なことでも何かいつもと違う異変があれば、すぐにかかりつけの動物病院に連れて行ってくださいね!!

犬にはスロープと階段どっちが足腰に優しいのか?!【断然スロープです】

犬にはスロープと階段どっちが足腰に優しいのか?!【断然スロープです】

 

ウチはマンション住まいのため、コジロウは階段を上り下りすることはありませんが、
やっかいなのが和室やソファーなどのちょっとした段差です。


シニア犬はもちろんですが、関節の悪い愛犬にとって段差は極力避けたいです。
健康なワンちゃんであっても、下手をすると関節を傷める危険性があります。

 

・おすすめのスロープは?(屋外でも使える)

・スロープのメリットは?

・階段よりもスロープがおすすめ理由は?

 

そんな愛犬思いの飼い主さんにぜひ読んで頂きたい記事となっております。


まさに小生が実際に使っている段差対策アイテムのスロープをはじめ、階段と比較してのスロープのメリット、おすすめの商品をご紹介します。

 

 

犬にはスロープと階段どっちが足腰に優しいのか?!【断然スロープです】

ネットで調べると、段差対策用の商品は「スロープ」と「階段」があります。

 

どっちがおすすめかと聞かれると、やはり断然スロープがおすすめです。

 

実際にコジロウ用に購入したスロープを例に、スロープがおすすめな理由とメリットを掘り下げていきたいと思います。

 

ネットで買えるおすすめ犬用スロープはこちら

実際に小生が買ったスロープはこちらの商品です。

f:id:pk-lc12:20200504173600j:plain

f:id:pk-lc12:20200504173615j:plain

 

半分でたためるタイプのスロープで、梱包はこんな感じできました。

 

f:id:pk-lc12:20200504173640j:plain

 

コジロウの後ろにあるのがスロープの梱包です。わかりづらいですかね?!

 

f:id:pk-lc12:20200504173650j:plain

 

最初は慣れなかったので、スロープを歩かせようとして呼んでも、こんな感じでのぼってきませんでした(^^;)

結局、お菓子でつって歩かせるようにしましたけどね。

 

このスロープはAmazonで購入しました。

 

 

・サイズ:幅39センチ×高さ9センチ×長さ155センチ

・折りたたみ時のサイズ:(約)幅39センチ×高さ19センチ×長さ80cm

・素材 本体:PP樹脂 滑り止め:重量 (約)5kg 耐荷重 (約)30kg

 

特長として、

滑り止めがついているので上り下りは滑ることなくは全くありません。

また、両サイドは約6センチの立ち上がりがあるので、一応踏み外すことはないのかなと思います。

 

・長さも155センチと結構長くて存在感もありますが、それだけ角度も急ではないので、安全に上り下りできます。

 

・コジロウは前立腺癌手術後から飲んでいる分子標的薬の副作用でたまにスロープ上で吐いてしまいます。

 

そんな時はバルコニーでスロープを丸洗いできるので、掃除もラクかなと思います。

 

・車ででかけた時に使えるスロープです。ウチはコジロウを抱えて乗るので使いませんが。

 

実際、使ってみて結構良いと思うので、買うならこのスロープはおすすめです。

 

他のおすすめ犬用スロープは?!

小生が買ったスロープはなんとなく武骨でインテリア的にゴツいので、他のスロープで気になったスロープを紹介します。

 

 

このスロープは、カバーを洗濯機で洗えますし衛生的に良いですね。色も落ち着いたブラウンなので、どんなお部屋にも合うのではないでしょうか。

屋内専用のスロープです。

 

続きましてこちらのスロープです。

 

 

表面が人工芝なので肉球に優しいタイプです。屋外でも使えます。

あとは、ゴルフ好きな方にはパット練習も?!

 

こちらのスロープは、場所に合わせて3段階で角度を調節できます。価格がちょいと高めですが、色々なお部屋で使う機会が多い方にはおすすめと言えます。

これは、品質的に屋外で使用しない方がよいデリケートなスロープですね。

 

最後にこのスロープです。

 

 

こちらの商品は小生が買ったスロープと似ていますが、4つ折りで更にコンパクトに収納できるので、車で遠出したりする際に使いやすいスロープです。

 

もちろん屋外で使えます。

 

スロープのメリットは?

スロープは段差をなくし平面にするアイテムです。角度を変えるスロープであれば、犬種や年齢、体の調子によって最適な角度で調整できるので行動範囲もひろがります。

 

スロープの一番のメリットは、やはり段差によるケガが無くなるということです。

 

それは我々飼い主の心のやすらぎにもつながります。

 

思わぬケガは、愛犬へのダメージはもちろんですが、飼い主の心の負担にもなりますし、いやらしい話し、病院での治療費等、金銭的な負担もかかります。

 

スロープのおかげで、余計な心配やお金がかからないということです。

 

そして、スロープはコジロウのようなシニア犬の運動不足の手助けにもなります。

 

本来は、和室(畳の上)に上がらせたくなかったので、わざと段差をつけてリフォーム時に設計したのですが、いつの間にか飛び乗って畳の上で寝るようになってしまいました。

 

実はコジロウはどんくさいので、飛び乗ることはできても、そこから飛び降りる勇気がありませんでした。

 

もうスロープを設置するしか選択肢がありませんでした。


コジロウはいまや畳の上が大好きなので、スロープの上り下りも完璧ですし、行動範囲が広がったので、脚の筋肉の衰えを軽減させることにもつながります。

 

スロープは、自宅内でも適度な運動をさせてくれる大事なアイテムとなりました。

 

スロープのデメリットは?!

あえて言ってしまうと、やはりスペースでしょうか。

段差の高さによりますが、傾斜を緩やかにすればするほど長さが必要になります。

 

とはいえ、そんなデメリットさえもメリットが上回ってしまうので、自分的には全くデメリットは感じていませんが。

 

犬にとって階段や段差は関節や腰に負担がかかる

f:id:pk-lc12:20200504173629j:plain

 

実は、最初のうちは上の画像のとおり、滑り止めのために買ったマットを重ねて階段として使っていました。

 

和室に上がるまで、3段あるわけですが、高齢となったコジロウにはそれでもちょっとキツい段差になってしまいました。

 

そもそも、犬にとって段差の上り下りは、足腰へ相当負担がかかります。しかも降りる方が、全体重が腰や関節にかかる負担が大きくなるので要注意です。

 

若いからといって、得意だからといって、普段から階段、椅子、ソファーなど上り下りしている犬は、犬種を問わずヘルニアなど腰の病気や関節の病気になりやすいのです。

 

そういった意味でも階段よりスロープがおすすめなんですね。

 

まとめ

というわけで、愛犬のためには「スロープと階段、おすすめはどっち?!」と聞かれるとスロープということがおわかりいただけたかなと思います。

 

ウチの犬はアジリティーが高いからといって急な段差を上り下りさせていると、飼い主は知らず知らずのうちに、しかし確実に着実に愛犬の体に負担がかかっているのは事実です。

 

健康な犬だから安全とは言いきれません。

犬用スロープは、危険やケガといったトラブルから回避してくれるアイテムです。

 

後悔したくないトラブルにならないうちに、一度自宅の環境を確認してみませんか?

 

【関連記事】

犬用スロープをチェックしている飼い主さんは、愛犬の足腰の関節サポートも気になることが多いと思います。

 

コジロウは、変形性関節症・脊椎症で、一時期びっこをひきづるような歩き方でした。

 

動物病院の先生がおっしゃるには、即手術の必要はないけれども、関節ケアのサプリメントは与えた方が良いとのことでした。

 

今は症状が落ち着いているので飲んではいませんが、その時飲んでいたサプリがまぁ良かったのかなと思うので、紹介します。

関節ケアサプリとして、選択肢の一つにしてみても良いのかなと思います。

 

[VetriScience]グリコフレックスプラス(中型-大型犬用)120錠

 

 

今年の4月でコジロウは13歳になりました。

昨年12月には前立腺癌が発覚し、今年1月には一般的に難しいと言われる摘出手術をしました。

 

無事手術は成功しました。これからもコジロウのためにできる限りのことをしていきたいと思います。

 

こちらの記事もぜひ読んでいただければ嬉しいです。

 

 【コジロウ、前立腺癌と戦う】

www.loscluza12.net

 

 

www.loscluza12.net

 

コジロウ13歳おめでとう!そしてありがとう!!【シニア犬の闘病生活は続きます】

コジロウ13歳おめでとう!そしてありがとう!!【シニア犬の闘病生活は続きます】


2007年4月18日、コジロウは沖縄県糸満市で生まれました。

 

その2か月後、神奈川県川崎市のとあるホームセンターの一角にあるペットショップで、ある人物と奇跡的な出会いがありました。

 

はい!その人物がザキオノ(@loscluza12)です。

 

あっという間の13年でした。小学校入学して高校卒業するのと同じぐらいの時間なんですよね。そりゃあコジロウも小生も歳をとるわけだ。

 

13歳を無事迎えられた記念して、矢継ぎ早ですが振り返ってみたいと思います。

 

 

コジロウ13歳おめでとう!そしてありがとう!!【シニア犬の闘病生活は続きます】

 

 コジロウ生後3ヶ月で、1人暮らしの我が家に来ました。5帖洋室を独占させました。

(※結婚してマンション買って、すぐ離婚したので(爆))

 

人生初の犬との共同生活がはじまったわけです。トイレのしつけがなかなかできなくて朝5時まで見張ってたりするうちに、プチノイローゼっぽくなったり・・・。

 

2012年、コジロウ5歳の時、「アナタが留守中にコジロウの散歩行けるよ」と、痛いところをつく口説き文句で近寄ってきたのが、今の奥さんでした。(あとで奥さんから物言いがつくかもしれません)

 

それからめでたく付き合うことになり・・・。

 

あ、ちなみに奥さんは小生と出会う数年前シンガポール在住の時、キャバリアを飼っていました。そのことでも「異国の地で同じキャバリア飼ってたなんて、あたしたち運命ね」とも言われてました。

 

【その時の話しは、コジロウ専用ブログで書いてます】

tk-kojiro.com

 

確かに奥さんと付き合うことになって、コジロウとの生活もより安定しました。

 

2013年、結婚した年の3月、コジロウ6歳の時、両目の白内障手術をしました。費用は約100万円(*´Д`)

 

保険に入っていなかったので完全持ち出しでしたが、奥さんのサポートもあり無事乗り越えられました。

 

2016年5月7日(土)は、小生の不注意により、コジロウが熱中症になりました。今考えただけでも怖くなりますが、

 

あと数分発見が遅ければ

 

近くに動物病院がなかったら

 

その動物病院が休憩中だったのですが、対応してくれてなければ

 

今コジロウはこの世に存在していなかったのです。

 

13歳どころか、10歳の誕生日も迎えられませんでした。

 

その時、的確で迅速な対応をしていただいた埼玉県大里郡にある「あんどう動物病院」の先生とスタッフの方々はコジロウの命の恩人です。

 

処置を終えた先生の「あと5分遅かったらコジロウくんは・・・」、その一言は今でも鮮明に覚えています。

 

奇跡に近いのですが、そこはコジロウが「ボクが死んだらこいつらが悲しむからなぁ~」と言って頑張ってくれたのだと思います。

 

死の直前まで陥れてしまった償いではないですが、それからは今まで以上にコジロウに愛情を注いでいます。

 

熱中症後は、心配された後遺症も全く出てきませんでした。本当にコジロウは飼い主思いの優しく強い愛犬です。

 

www.loscluza12.net

 

闘病生活のはじまり

 

熱中症後はとくに大きい病気はなかったのですが・・・。昨年12月に「前立腺癌」と診断されました。

 

癌は着実にゆっくりとコジロウの体を蝕んでいたのでしょうが、症状としてはっきりわかったのは、11月末でした。

 

いきなりのことでした。

 

ウンチが思いっきり細い

 

オシッコの回数が異常に多い、しかもチョロっとしか出ない

 

癌ということが頭になかったので、はじめは「変な細菌でも入っちゃったかな?」ぐらいにしか思いませんでした。

 

でも、みるみるうちに症状は悪化し、表情も明るい笑顔は消えて、動き回ることも少なくなりました。

 

それでも、かかりつけの動物病院の先生の紹介で、日大動物病院の名医に執刀して頂けることになり、タイミング的にも割と早く手術ができたことは本当に感謝です。

 

【前立腺癌診断~無事退院までの軌跡】

 

www.loscluza12.net

 

 

www.loscluza12.net

 

手術後は月2回の定期検診で、血液検査や他の臓器に転移がないかチェックしてもらっています。

 

また、薬に関しては、腎臓の数値があまりよくないので抗がん剤ではなく、ちょっとマイルドなパラディア(分子標的薬)とネフガード(活性炭:悪いものを吸収して排出するサプリ)を飲み続けています。

 

この薬は一生飲み続けます。

 

ちなみに1回の定期検診と2週間分の薬代は平均で2万5千円程度です。
(レントゲンとエコーで検診する時は5万円です)

 

もう必死で稼ぐしかないわけですよ。。。

 

そして、長い目で見たら、絶対に犬の保険は入っておくべきです。

 

歯周病の抜歯手術と前立腺癌手術で、すでに元は取れました。毎年知らないうちに引き落としされている方が、急病で何十万一気に払うより100万倍マシです。

 

 1年1年、いや1日1日を大切に・・・

 

コジロウが元気なころは「20歳まで生きよう!」とか言ってましたが、今は1日を大切にすることが本当に大事だと思っています。

 

人間のとっての1日は犬にとって3~4日といわれています。

 

自分にとって何気ない1日がコジロウにとっては貴重な時間です。

 

その1日の積み重ねがまだまだ続きますように。

 

コジロウ13歳おめでとう。

 

そして、生きてくれて本当にありがとう。

愛犬コジロウ、瞼を縫ってエリザベスカラーの生活に逆戻り・・・

f:id:pk-lc12:20200311205329j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

2014年の白内障手術から3ヶ月に1回定期検診をしていますが、なんだか昨日から右目を開けづらそうにしていたので、定期検診より前に病院に行ってきました。

 

ちなみに白内障手術をしたのは日本動物高度医療センターです。もう7年もお世話になっているんだなぁと。

 

 

右目に違和感

f:id:pk-lc12:20200311212516j:plain

 

両目開けづらそうにしていますが、この画像は単に逆光で眩しがってるだけです(^^;)

とはいえ、こんな感じで右目を開けづらそうにしていたわけです。

 

昨年末頃から右目の涙袋が下がっていたり違和感がありましたが、前立腺癌摘出手術後の約1か月間エリザベスカラーをしていたからか、目を掻くことができなくて回復した感もありました。

 

ただ、昨日から目が痒いのかソファーの縁や床に目を擦り付けるようにしていたのと、気づいたら目をいつの間にか開けづらそうにしていました。

 

次の日曜日、3月15日に3ヶ月検診なのですが、これは放っておくとマズいなと思い、速攻病院に行きました。

 

病院での診断

目の表面も中も白く濁っているとのこと。これは、数日前から自分でも気になってはいました。目視できるほどの白い濁りです。ちなみにコジロウは白内障手術をしているので、今回の白い濁りは白内障ではありません。

 

以前の記事でも書いていますので、参考にご覧ください。

 

www.loscluza12.net

 

 エコー検査の結果、外と中どちらが先にダメージがあったのか断言はできないとのことですが、

 

先生がおっしゃるには、「目を掻いたりとか、何かがぶつかって目の表面にダメージを負い、そこからバイ菌が中に入り込んだ」という見解でした。

 

2週間効果がある抗生剤注射:コンべニアを打ち、飲み薬と目薬で様子を見ることとなりました。

 

f:id:pk-lc12:20200311211332j:plain


画像左側の縦列が右目で、右側の縦列が左目です。左上の画像を見ると、右目下に赤い出血が見られます。よく見ると、右上の左目も少し赤くなっています。

 

f:id:pk-lc12:20200311211347j:plain

 

同じく画像左側の縦列が右目で、右側の縦列が左目です。右目は白く濁り、表面にはザラツキ感があります。

 

とりあえず4日分の薬

f:id:pk-lc12:20200311212258j:plain

 

(左から)

プレビコックス(消炎鎮痛剤)

ビクタス(抗生剤)

ファモチジン(制酸剤)

 

前立腺癌の治療では、腎臓の数値に影響がある消炎鎮痛剤を使わない方針でした。今回は、眼科の先生曰く、目のために短期間だけでも使用した方がよいとのことでした。念のため明日、日大動物病院の先生に消炎鎮痛剤を飲ませることになったと連絡することにしました。

 

但し、体調が悪くなったら体優先で消炎鎮痛剤は使用しなくて良いとのこと。

 

また、目の表面を狭くした方が治りが早いとのことで、目尻を縫われました

 

今回かかった治療費

・基本診察料:2,000円

・検査料:20,000円

・薬治料:7,500円

・注射料:5,000円

・処置料:4,000円

・消費税:3,850円

合計:42,350円

 

・・・・・・・、こ、これもコジロウのためだ。前立腺癌の治療費もあるし金銭的に苦しいけれど、気合を入れて頑張るしかないですわ・・・。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200311211414j:plain

 

縫われた目が痛々しいです。

 

コジロウは来月4月18日で13歳となります。コジロウとの生活が始まってもう13年になるのだなぁ。もっと健康で長生きしてもらいたいけど、色々なところにダメージを負いやすくなっているのも事実です。

 

飼い主は責任を持って愛犬が幸せな一生を過ごせるようにしないといけませんからね。

 

気合いだっ!!、気合いだっ!!、気合いだっ!!

 

【白内障手術の記事はこちら】

 

www.loscluza12.net

 

 

www.loscluza12.net

 

 

www.loscluza12.net

 

愛犬コジロウの前立腺ガン摘出手術費用は・・・請求書がやってきた!!【前立腺ガンを克服するの章】

f:id:pk-lc12:20200217185309j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

2020年1月14日(火)、コジロウの前立腺ガン摘出手術は無事終わりました。しかし、細胞レベルではありますが、膀胱と尿道に転移があります。前立腺ガンは他の臓器に転移しやすいガンなので、肺やリンパ節に転移するとかなり厳しい状況となりますが、不幸中の幸いか、今のところ肺やリンパ節に転移はありません。もちろん、油断は出来ませんが。

 

そして、病理検査と同じく、あるモノの結果を待っていました。いずれわかるモノではありますが、知りたくない・・・、いや知らなくてはいけないモノですね。

 

それは・・・、

 

今回の前立腺ガン摘出手術の費用です!!

 

はい。ついに、我が家に請求書がやってきました。奥さんと「いつ来るんだろう・・・?」「まさかこのまま来ないってことあるかな?」「そんなわけないだろう」、なーんて夜な夜な話しをしていたのですが、手術から1ヶ月経ってようやく届きました。

 

ワンちゃんと生活している飼い主さんや、同じような病気に悩む飼い主さんにとって、参考になれば幸いです。

 

 

前立腺ガン摘出手術の請求書

手術前、先生から「およそ70万円ぐらいはかかる」と言われていました。まぁ、手術の難易度からすると想定どおりだったのですが、その後も入院費やら薬代等色々と追加されていくことを考えると、

 

100万円いっちゃうんじゃないか?!

 

と、奥さんと話していましたが、コジロウのためだ、お金なんて問題ないと。ただ、請求書が来るまでは、なんとなくお互い話題に出さないようにしていました。

 

そして、請求書なんて忘れかけていた頃、ついにやってきました。

 

先にトータル金額を言ってしまいますと・・・、

 

616,565円でした。

 

アンカリング効果なのでしょうか、100万円近くいってしまうと覚悟していただけに「あれ、意外に安い」と感じてしまいました。

 

アンカリング効果とは、マーケティングや営業現場で使われることがある心理効果の一種です。最初に提示した価格や情報が消費者の購買判断の基準に大きな影響を及ぼすと言われています。

例えば、車を買おうとした時に「300万円」と言われ、 高くて断念した後、営業マンから「今なら決算前で249万円まで値下げしました」と連絡あった場合、249万円でも高いと感じるはずが、最初に300万円と聞いていたので249万円がメチャメチャ安く感じるような手法。

 

いや、決して安いわけではないのですよ!!コジロウのためにランチ代・飲み代etc・・・抑えたり日々努力はしています。

 

そして、コジロウのために入っている保険『アイペット損害保険』が適用されるので、入院による手術の場合、MAX50万円戻ってきます

 

ペット保険ならアイペット損保【12個のNo.1獲得】

 

ということで、実質116,565万円の負担ということになります。

 

た、助かったぁ・・・(*´Д`)

 

ちなみに、『うちの子ライト』に入っています。

 

内訳

・診察料(再診料):2,730円

・入院費(15泊分):59,850円

・ICU監視(2泊分):39,600円

・注射料金(皮下注射2回):3,360円

・注射料金(皮下注射薬価):4,314円

・注射料金(留置針セッティング1回):2,000円

・注射料金(点滴注射7日):11,860円

・注射料金(点滴注射薬価):7,404円

・病理検査料(NORTH LAB):14,820円

・画像診察料(FCR3枚):8,190円

・画像診察料(CT検査):37,250円

・画像診察料(超音波検査.心臓):10,480円

・心機能検査料(心電図検査):3,150円

・心機能検査料(血圧測定1回):1,680円

・汎用検査/セット項目(全身セットB):34,020円

・汎用検査/セット項目(膵セット):3,800円

・汎用検査/セット項目(CBC):14,000円

・汎用検査/セット項目(犬CRP):4,800円

・汎用検査/セット項目(腎セットBUN.Cre):1,520円

・汎用検査/セット項目(電解質セットNa.K.C1):1,140円

・血液化学検査(血液化学検査):380円

・血液化学検査(手技料):12,800円

・血液検査(血小板数算定):4,080円

・血液検査(交差試験2頭):3,090円

・血液検査(血液型):4,770円

・凝固検査(凝固セット):3,080円

・凝固検査(ATⅢ):3,640円

・凝固検査(D-ダイマー):4,540円

・麻酔料(術中鎮痛.点滴):14,834円

・麻酔料(術中鎮痛.注射):6,592円

・麻酔料(iso5-10kg.230分):28,790円

・手術料(前立腺全切除術):237,600円

・手術器材セット料(J-VAC1本):9,100円

・処方薬(内服薬27日分):12,501円

・サプリメント(ネフガード60粒)2,400円

・処方食料(小缶10缶):2,400円

 

合計:616,565円(税込)

 

抜糸後1ヶ月検診の費用1回分

f:id:pk-lc12:20200217190626j:plain

 

ちなみに抜糸後1ヶ月間で計4回(週1回)の定期検査があります。抗ガン剤よりソフトな分子標的薬『パラディア』がどれだけ効いているのか、副作用がどの程度あるのか、血液検査でどれだけコジロウに負担がかかっているのか、などを検査します。

 

1回目の検査では、腎臓の数値が若干上がりましたが、それ以外の数値は許容範囲であったため、引き続き『パラディア』を使用していくことになりました。

 

1回目の検診費用は以下の通りです。

 

・診察料(再診料):2,730円

・注射料金(皮下注射1回):1,680円

・注射料金(皮下注射薬価):2,969円

・一般処置料(抜糸):1,370円

・汎用検査/セット項目(全身セットB):5,670円

・汎用検査/セット項目(膵セット):760円

・汎用検査/セット項目(CBC):2,000円

・汎用検査/セット項目(犬CRP):800円

・血液化学検査(手技料):1,600円

・血液検査(血小板数算定):680円

・処方薬(内服薬3日):2,673円

・サプリメント(ネフガード36粒):1,440円

 

合計:24,372円

 

次回は1週間後で抜糸は無いため、1回分の定期検査費用はおよそ20,000円程度と予想されます。これがあと3回続き、結果が良好であれば、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回、最終的には半年に1回の定期検診となります。

 

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200217190655j:plain

 

結論、コジロウの前立腺ガン摘出手術の費用は想定よりかかりませんでしたが、保険に入っておいて良かったです

 

今現在、毎月3,830円払っていますが、これで元が取れたのかなと思います。歯周病治療でも『アイペット損害保険』が適用されたので。

 

コジロウの白内障が発覚した6年前に保険に入りました。当時はもう少し保険代が安かったと思いますが3,830円としても、3,830×72ヶ月=275,760円となります。

 

大きい病気は望みませんが、愛犬が長生きするためにはやはり保険に入っておいた方が良さそうですね。

 

【歯周病治療の記事はこちらをご覧ください】

www.loscluza12.net

 

コジロウの闘病生活は、生きている間はずっと続きます。オシメ生活ではありますが、今はまだ元気です。膀胱と尿道に転移したガン細胞と上手く付き合っていくことになりますが、痛みと苦しみの無い治療をしてあげたいなと思います。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ。

【前立腺ガンの症状からの日記:コジロウ専用ブログ】

tk-kojiro.com

 

【悲報】改良求む!破壊神コジロウ、犬の自動餌やり機を・・・。

f:id:pk-lc12:20200207200326j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

何気なく昔YouTubeにアップしていたコジロウの動画を見ていたら、まぁまぁの視聴回数でビックリしたので、今回は箸休め的なネタをご紹介します。

 

最近、コジロウの前立腺ガンの話しばかりでしたので・・・、たまには笑って頂きたいなと・・・。(←笑えるのか?!)

 

というわけで、およそ3年前に購入した『自動餌やり機』のネタです。まぁ、タイトルで若干ネタバレしていますが・・・。

 

 

夜中3時に「ゴハン食べさせろ」アピール

数年前からでしょうか、コジロウは夜中の3時~5時の間に「ゴハン食べさせろ~」と起こしにきます。

 

不思議なことに、吠えるのではなく、寝室のドアを前脚でガリガリ音を立ててアピールするのです。

 

 

動画のように、毎日夜中に起こされるので小生も奥さんも万年寝不足状態が続いており、本当に悩んでいました。

 

そんな悩みを解消してくれるであろう、ある商品をネットで見つけてしまったのです。

それが・・・、『自動餌やり機』です。

 

 『自動餌やり機』が我が家に届きました

 待ちに待った『自動餌やり機』が我が家に届いた時は、思わず心の中でガッツポーズをしました。

 

日本シリーズで近鉄バッファローズ加藤投手からジャイアンツ中畑がホームランを打った時に出たガッツポーズと同じぐらいの喜びだったことを覚えています。

(←わかってくれる人いたら嬉しいなぁ)

 

これで夜中にゴハンを欲しがるコジロウから起こされずに済む

 

それはもう奥さんと喜びましたよ。ナイス!!『自動餌やり機』と。

 

f:id:pk-lc12:20200207170913j:plain


まずは記念にパチリ。

f:id:pk-lc12:20200207170938j:plain


本体を取り出してパチリ。

 (中身が見えるし、コジロウよりも小さい本体のサイズ。この段階で「これ大丈夫か?」と、何となく不安がありました・・・。)

 

f:id:pk-lc12:20200207171100j:plain


中はこんな感じです。予め設定しておいた量によりモーターが回り、ドッグフードを排出します。

 

f:id:pk-lc12:20200207193223j:plain


本体底面のボタンで、1回の量、何時に1回目とするのかを設定します。

 

しかし・・・。

説明書は、日本語で記載してあるものの、おそらく中国人が日本語に訳して書いてあるのか、ところどころ誤字脱字、意味不明な文があります。

 

そして、幾つか致命的だったことがありました。


まず1つ目が、

 

1回目の時間はその時間に設定しないといけないこと

 

具体的に言うと、小生の場合、コジロウがだいたい3時に第1回目のゴハンタイムで起こしに来るので、最初の1回だけはその時間に起きなければいけません。但し、1度設定すれば次の日からは自動で動いてくれるので、初回だけ3時に起きれば良いというわけです。

 

2つ目の致命的なことは、

 

2回目、3回目の時間は、1回目の6時間後と9時間後であることが決まっていること

 

コジロウは3時に1回目、6時過ぎに2回目のゴハンタイムとなっているので、この自動餌やり機の機能では使えないということです。タイマーで時間を細かく設定できるものだと思っていました。

 

ネット上の説明では、そういった詳細が書いていなかったので、一か八かで購入しましたが、私の事前調査不足もあるし、まぁしょうがないかなぁと割り切りました。

 

はい、他人のせいにはしません。自分で判断し購入した結果だからです。

 

とりあえず、第1回目の3時だけでも自動でドッグフードを食べてくれれば御の字だと思い、ドッグフードを本体に仕込みました。

 

そしてベッドに入り、3時半頃コジロウに起こされるまで寝ることにしました。

 

これから『自動餌やり機』がバンバン活躍してくれて、寝不足が解消されることを喜びました。

 

早く3時になってタイマーをセットしたいとワクワクもしたぐらいです。

 

しかし、この後に悲劇が起こるとは、知る由もありませんでした・・・。いや、ある程度は予想していたはずなのですが、自己洗脳かのように「そんなことはない」と強制的に思考回路をシャットダウンしていたのかもしれません。

 

 明日なき暴走の果てに・・・

 例によって、3時過ぎにコジロウが寝室のドアをガリガリやってきました。

 

「よしっ!!」

眠いながらも、リビングまで行って、ドッグフードを入れてタイマーをセットしました。そのまま小生はベッドに戻り、眠りながら『自動餌やり機』が作動することを確認しました。

 

ウィーーーン!!ガコッ!!・・・、ジャラジャラジャラーーーー!!

 

きちんとドッグフードが出たこと、コジロウがガッつく音を聞きながら、また寝ることにしました。

 

と、思いきや数秒後に、とんでもない音がリビングから聞こえてきました。

 

その時の画像がこちらです。

 

 

 「うるさくて寝れねーーーーーーーーーー!!

 

安眠のために買った『自動餌やり機』が完全に裏目に出ました。

 

開発者・販売者は、きっと色々な試行錯誤の上に研究を重ねた結果、この『自動餌やり機』を世に出したと思います。

 

犬や我々犬を愛する者たちのために考えて開発したことは本当に有り難いことです。ただ、これは使えませんわ・・・。ドッグフードが出てくると学習してしまうと、このような結果になりますよね。

 

コジロウですら「もっと出せーーー!!」とガリガリやってしまうのです。

 

なんとか改良されないですかね?!

 

コジロウを商品開発に使って頂いても良いです。

 

メーカーの皆様、ぜひご検討の程よろしくお願い致します。

 

最近の機種はどうなのでしょうかね。

 

 

愛犬コジロウ、病理検査の結果と治療費用は・・・【前立腺ガンを克服するの章】

f:id:pk-lc12:20200206182448j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

本日、2020年2月6日(木)、コジロウの前立腺ガン摘出手術による病理検査の結果がわかりました。

 

結論から先に言ってしまいますと、

 

膀胱と尿道に細胞レベルでの転移がありました。

 

転移がありませんように!!」と毎日祈っていたものの、どこかで覚悟はしていました。

 

犬の前立腺ガンの症例はなかなか少ないらしいので、同じような病気に悩むワンちゃんや飼い主さんのためにも、備忘録的に今回の病理検査の結果と今後の治療方針について書いてみたいと思います。

 

 

病理検査の結果

上記でお話したとおり、膀胱と尿道に細胞レベルでの転移が確認されました。但し、前立腺ガンは他の臓器に転移しやすい、なんともやっかいなガンではあるのですが、それでも今回の結果は、どうしようもないほどの、あきれ返るほどの悪い状況でもない、ということも事実ではあります。

 

最低限の被害で済んだ」とも思えます。

 

というのも、先生がおっしゃるには、「コジロウちゃんに薬が効いてくれれば、3年でも4年でも上手く腫瘍と付き合って15歳という平均寿命まで生きれる可能性もあります」ということでした。

 

症状が出てから、早ければ3ヶ月から半年で亡くなってしまう前立腺ガンではありますが、そう考えるとコジロウはまだ良かったのかもしれません。

 

以下、今回の病理検査の結果を詳しく報告します。

 

病理組織診断

前立腺:前立腺癌
左右内腸骨リンパ節:腫瘍性病変なし

腹部皮下:脂肪種

 

前立腺癌は、腫瘍性病変により完全に置換されています。腫瘍は管状から乳頭状の配列を示す上皮細胞の増殖から成り立っています。個々の細胞は好酸性の豊富な細胞質と類円形の異型核を有し、中程度の大小不同を示しています。分裂像は5個/10高倍率視野です。

腫瘍は粘膜を伝わって水平方向に広がっており、膀胱側マージンとして採取された組織では、多数の腫瘍細胞の浸潤が認められます。

前立腺周囲脂肪として採取された組織は明らかな病変は認められません。

左右の内腸骨リンパ節には、腫瘍性の病変は認められません。

腹部皮下の組織では、結節性の腫瘍性の病変が形成されています。病変は、成熟した脂肪細胞の増殖から成り立っています。

 

 

 

コジロウの前立腺ガンについて、本来の構造を置換するように腫瘍が形成されていて、やはり前立腺ガンと判断されました。

 

前立腺周囲の脂肪や左右内腸骨リンパ節に腫瘍性の病変は認められなかったのですが、膀胱、尿道に腫瘍細胞が認められ、悪性度の高い腫瘍なので、引き続き局所再発や遠隔転移についての経過は要注意です。

 

脂肪種に関しては、数年前からコジロウの体のあちこちにできていて、かかりつけの動物病院で検査しており良性だったのですが、今回も同じく良性の脂肪種とのことでした。

 

結果として、リンパ節に転移していなかったのは不幸中の幸いで最悪の結果は免れたということでしょうか。

 

ちなみに外科手術としての前立腺腫瘍摘出は大成功でした。

 

今後の治療方針

f:id:pk-lc12:20200206195020j:plain

病理検査の結果を踏まえて、今後の治療方針を先生と話し合いました。

 

幾つか問題があったのですが、コジロウの体に消炎鎮痛剤(抗がん剤)をあまり使えないということでした。

 

手術前に飲んでいた消炎鎮痛剤が腎臓にも影響があって、数値が標準より高くなるので、あまりその薬は使用しない方が良いだろうという先生の見解でした。

 

これは私の自分勝手でエゴな考えかもしれませんが、元々コジロウには抗がん剤は使用したくありませんでした。皆さんご存知の通り、癌細胞も正常な細胞も攻撃してしまうからです。

 

ですので、もう一つ案である、一般的な抗がん剤とは違う「パラディア(分子標的薬)」を使用することになりました。

 

f:id:pk-lc12:20200206202032j:plain

 

上記画像がパラディアです。遺伝子が変化したある特定の分子を標的とするということで、がん細胞だけに効果のある薬だそうです。

 

直接指で触れないように手袋をしてくださいと言われました。そんなに強い薬なんですかね。

 

抗がん剤よりはリスクは低いものの、下痢や鼻が白くなるといった色素が薄くなるとか、肺炎の可能性もあるとのこと。ですので、注意深く経過観察しなければいけないのです。

 

しかも、元々は他の腫瘍に対して開発され認可された薬なので、前立腺ガンに対して絶対効果があるとも言えないし、今現在様々な病院でデータを収集している段階でもあるとのこと。

 

とはいえ、何かしらの対策をしなければいけない状況の中で、消去法でベターな選択をすると

 

パラディアとネフガード(活性炭)を飲み続け、様子を見ながら消炎鎮痛剤も使用することになりました。

 

活性炭は薬というよりはサプリメントで、腎臓の働きのように体に溜まった悪いもの(

良いものも排出するために薬と時間を空けてから飲ませなければいけない)をウンチと一緒に排出します。

 

パラディアを2日に1回飲んで(活性炭は1日2回)、1週間後に効果があるのか、悪影響は無いのか診察します。

 

今回かかった治療費

f:id:pk-lc12:20200206195040j:plain

前立腺ガン摘出手術の費用はまだ計算中とのことで後日請求書が送られてくることになっています。

 

本日支払った治療費は以下の通りです。

 

・診察料(再診料):2,730円

・注射料金(皮下注射1回):1,680円

・注射料金(皮下注射薬価):2,969円

・一般処置料:抜糸:1,370円

・汎用検査/セット項目(全身セットB):5,670円

・汎用検査/セット項目(膵セット):760円

・汎用検査/セット項目(CBC):2,000円

・汎用検査/セット項目(犬 CRP):800円

・血液化学検査(手技料):1,600円

・血液検査(血小板数算定):680円

・処方薬(内服薬3日分):2,673円

・サプリメント(ネフガード36粒):1,440円

 

合計:24,372円(税込)

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200206194801j:plain

何がコジロウにとって最善な方法なのか手探り状態ですが、本当の意味での闘病生活が始まりました。

 

今は手術前の具合の悪さが嘘のようにコジロウは元気です。

 

自分の意に反してオシッコが漏れてしまうのでオシメ生活は当分続きますが、これが介護なのだと思って割り切っています。

 

また、キャバリア特有の心臓病の症状も本当に少しではありますが出て来てしまったので、これから色々と悩むことが出てきそうですが、痛みや苦しみだけは無いようにしてあげたいなと思います。

 

さて。手術費用の請求書が幾らぐらいで届くのか・・・。

 

これも怖い・・・。

 

コジロウ専用ブログ【こちらも合わせてお読みください】

tk-kojiro.com

愛犬コジロウ、手術から生還~退院できました【前立腺ガンを克服するの章】

 

f:id:pk-lc12:20200129110506j:plain


うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

皆様の温かいお言葉や励ましのおかげで、コジロウが無事退院し、一昨日帰宅しました。本当に感謝です。

 

はじめの症状はウ○チが細く、オシッコもポタポタしか出ないことから始まり、前立腺肥大の疑いから、コジロウは幼犬の頃去勢をしているのでただの前立腺肥大ではないこと、結局は前立腺ガンとわかってから、徐々に体力も落ちてきて散歩もほとんど動かない、大好きなゴハンさえためらう姿は本当にショックでした。

 

犬は人間よりも成長が早い分、老化も病状も早いです。

備忘録も兼ねて、退院時のお話しと、これからのコジロウの生活を書いていきたいと思います。

 

同じような病気を持つワンちゃんや飼い主さん、万が一同じような病気にかかってしまうワンちゃんや飼い主さんの参考になれば幸いです。

 

 

前立腺ガン摘出手術の結果

今までの記事でも書きましたが、運が良かったのか、発見も早く手術も最短で行えたので、必要最低限の前立腺のみの摘出で済みました

腸や膀胱への目に見える転移は無かったので、執刀して頂いた先生の判断でした。

 

目に見える転移は無いのに、腸や膀胱を摘出してしまうとコジロウの今後の生活スタイルがガラッと変わり、飼い主である私たちの負担も相当かかるということです。

 

もちろん、その覚悟はしていましたし、どんな結果であってもコジロウが生きている間は犬生が輝けるよう寄り添っていく次第です。

 

下の動画ですが、退院の時、診察室から元気にコジロウが出てきた時は本当に嬉しかったです。

 

 

ただ、久々に会えたというのに私と奥さんにはお構いなしで、あちこち気になったり、他の飼い主さんにアピールしていました。

ま、それがコジロウです(*´з`)

 

前立腺ガン摘出手術による影響

オシメ生活

f:id:pk-lc12:20200129120045j:plain

当分の間は、コジロウの意思とは別にオシッコがポタポタと漏れてしまうのでオシメは必須です。但し、改善の余地はあるとのことで、オシッコをしたい時にどれだけの量が出ているのか、また、意思とは別にどれだけ漏れているのかを注意深く観察しなければいけません。

カラー生活

f:id:pk-lc12:20200129120120j:plain

抜糸までの期間、患部や傷口を舐めないようカラー(エリザベスカラー:エリマキトカゲみたいな姿ですね)をしなければいけません。

ゴハンや散歩の時など、きちんとみてあげられる時はカラーをはずして良いとのことです。

投薬

今飲んでいる薬は、抗生物質とネフガード(活性炭)の2種類を1日2回与えます。

 

f:id:pk-lc12:20200129175529j:plain

この黒いのがネフガードです

f:id:pk-lc12:20200129175607j:plain

直径約5mm、高さも約5mm程度の円柱形です

ネフガードは、体の悪いものも良いものも吸収して体外に便として排出する働きがあります。実は、病気によるものなのか老化によるものなのか未だ原因は不明ですが、コジロウの腎臓の数値があまり良くないので消炎鎮痛剤を控えなければいけません。

ネフガードは腎臓に負担のかかる悪いものを吸収して体外に出す効果があるのですが、良いものも吸収してしまうので、ゴハン・サプリ・抗生物質といった薬を飲んだ約1時間後に与えます。

夜は良いのですが、朝ゴハン時に1時間の時間差があるために私と奥さんで協力して与えるようにします。(元々、奥さんの方が早起きで仕事で家を出るのも早いので助かりますが)

 

ちなみにネフガードを飲んだ後のウンチは真っ黒になります(^^;)

 

f:id:pk-lc12:20200129175752j:plain

 

こちらは抗生物質です。

 

病理検査の結果如何によって・・・

これは出てから考えるしかありません。最悪の想定をしつつも今はそんなことを考えたくはありませんし。

ただ。

 

先生からお聞きした数字があります。

 

530日

 

これは、前立腺ガンで前立腺だけを摘出した犬の平均寿命だそうです。犬の前立腺ガンは、ほとんど高齢になってから発病するガンなので老化だったり元々の寿命も関係しているそうです。


平均なので、もっと長生きする犬もいれば、早く亡くなってしまうこともあります。

ちなみに、手術もできなかった場合の寿命は、約半年だそうです。

 

前立腺ガンは他の臓器に転移しやすいので本当に怖い病気です。ただ、私たち飼い主がその怖さに負けて不安な顔で接していると、愛犬は敏感に感じとるそうです。

北海道に住むコジロウの義姉コロンちゃんのご家族がそのようにおっしゃっていました。(残念なことにコロンちゃんは昨年3月4日に虹の橋へ向かいました)

 

ですので、どんな困難が待ち受けようとも、コジロウの前では涙は見せず、悲しい顔も見せずに明るく接しようと決意しました。

 

まとめ

f:id:pk-lc12:20200129120151j:plain

前立腺腫瘍(前立腺ごと)を摘出した際に、腸や膀胱など他の臓器の細胞を採取し、病理検査していますが、まだその結果はわかっていません。

 

来週2月6日(木)午前中に抜糸で病院に行くのですが、その時に病理検査が出ているそうなので、その結果によって今後の治療方針を検討していきます。

 

コジロウはまだまだ生きていきます!!

 

こちらもあわせてお読み頂ければ幸いです。

【前立腺ガンと判明した時の記事】

www.loscluza12.net

 

【前立腺ガンと判明してから飲んでいる専用サプリ】

www.loscluza12.net

 

【コジロウ専用ブログの記事でほぼ毎日更新しています】

tk-kojiro.com

愛犬コジロウ、前立腺摘出手術から2日目の面会【前立腺ガンを克服するの章】

f:id:pk-lc12:20200117135421j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

手術前の入院から数えると、コジロウがいない生活が始まって7日経ちましたが、やはりコジロウロスが凄いです(^^;)

 

コジロウの手術が終わり2日経ちましたが、おととい(1月16日(木))奥さんがコジロウの面会に行きました。入院している動物病院の面会時間は、基本的に平日のPM3時~5時までなので、既に仕事の打ち合わせが入っていた小生は残念ながら行けませんでした。

 

ということで、奥さんからLINEにてリアルタイムで報告があったことを備忘録的に記事にしました。

 

コジロウと面会

1月16日(木)PM4時30分頃、奥さんは動物病院に到着しました。

 

まず送ってくれた画像がこちら。

f:id:pk-lc12:20200117140115j:plain

 

明らかに手術前よりも表情が良くなっています。コジロウは左目が緑内障予備軍でして、入院中も目薬をさしてもらっているのですが、実は右目もシバシバして目を開けずらそうにしていました。この時は、右目の調子も良かったそうです。

 

ひょっとしたら、エリザベスカラーで目が掻けなかったりするので治ってきたのかもしれません。

 

f:id:pk-lc12:20200117143921j:plain

 

ちょっとわかりづらいですが、左脇腹から管が出ていて血を溜める容器が見えます。

 

また、おしめで隠れていますが、前立腺を取った箇所に炎症が起きているので、やはり管からおしっこを排出するようにしています。痛々しい姿ではありますが、少しずつでも回復に向かってくれれば良いなと思います。

 

ちなみに手術後は、麻酔が切れてから激痛だったのか狭いケージの中で大暴れしていたそうです(>_<)

強めの痛み止めでその後は落ち着いたみたいですが・・・。コジロウに痛い思いをさせてしまって本当に申し訳ない。

 

10秒程度の動画ですが、こちらもご覧頂ければ幸いです。尻尾もフリフリして嬉しそうです。

  

 

手術当日の記事はこちらです。

www.loscluza12.net

今後のこと

手術の時に取った細胞の病理検査次第で、今後の対応が変わってきます。

 

もちろん、一番良いのは転移が無く、カテーテルが取れて普通におしっこが出るようになればあと10日間ほどで退院となり、元の生活に戻れます。

 

万が一の場合・・・、それは今考えないようにします。今はとにかくコジロウの傷が早く回復することを考えます。

 

それではまた報告させて頂きますね!!

 

コジロウ専用の別ブログでは、前立腺ガン発覚からの日記的記事をほぼ毎日更新していますのでこちらもご覧頂ければ幸いです。

 

tk-kojiro.com

 

 

愛犬コジロウ、前立腺摘出手術無事終わりました【前立腺ガンを克服するの章】

f:id:pk-lc12:20200117110210j:plain

 

うっす、ザキオノ(@loscluza12)です。

 

報告遅くなりましたが、愛犬コジロウ(キャバリアルビー12歳)の前立腺摘出手術が1月14日(火)に行われ、無事終わりました。

正直、前立腺ガン発覚で、自分のせいだと心が折れそうになったりしましたが、奥さんや関係者の皆様、SNSで繋がっている方々、そして本ブログの読者の皆様の暖かい励ましのお言葉で救われました。

 

まだ油断はできませんが、入院中のコジロウの様子も落ち着いてきたということで、手術当日のことを備忘録的に書いてみたいと思います。

 

 

手術当日

2020年1月14日(火)AM11時~手術開始。

その前にコジロウと面会できました。

 

f:id:pk-lc12:20200117114143j:plain

 

腎臓の数値が若干低いので、入院してから点滴をしていました。見るからに調子が悪いように見えました。

 

f:id:pk-lc12:20200117114313j:plain

 

右後ろ脚に点滴をしています。ストレスもあるのでしょう、表情もうつろでした。

 

腎臓の数値もそうですが、血液も若干少なめということで最悪輸血も考えられると説明されました。

 

そして、全身麻酔後のCT検査、実際にお腹を開けてみての状態で、どのような術式で手術するのか、または手術できないのか最終判断するとのことでした。

 

腫瘍の広がり方で前立腺だけを摘出するのか、膀胱も摘出しなければならないのか、または全身に転移していて手術を断念するのか・・・、ということです。

 

コジロウの頭を撫でながら「頑張れよ!!」と気合を注入し、診察室を出ました。

 

手術決行

手術を決行するにあたり、

 

腎臓の数値
血液の量
CT検査で肺や骨に転移が無いか確認
実際に開腹して転移が無いか確認

 

これらがクリアーしなければいけませんでした。

 

待合室で待つこと約1時間、ようやく先生が来ました。

 

これから手術できます!!

 

まだ手術をしていないのに、手術ができることで嬉しく思いました。

 

血液検査でもCT検査でも特に問題が無かったことで手術を決行することになりました。

 

但し、実際に開腹して腫瘍や臓器の状態で術式を変更、または手術自体を中止するのか、飼い主である私たちが判断しなければいけないとのことで、昼食に行くにしても必ず連絡が取れるようにしてくださいと言われました。

 

ということで、動物病院近くのファミレスで昼食することにしました。

 

ファミレスに向かう途中、ファミレスで食事中、そして病院に戻る途中、待合室に到着、およそ1時間経ちましたが、連絡は無かったので、とりあえずは順調に手術が進んでいるのだなと思いました。

 

手術完了

待合室で待つこと約2時間、手術時間にして3時間経った頃、執刀医の先生から呼ばれました。

診察室に入り、先生のお話しが始まりました。

 

予定通りの術式で前立腺のみの摘出手術で終わりました


 この言葉を聞いて、涙が出そうになったこと、大きく息を吸い込んだことを覚えています。

 

結果としては、理想通りの手術結果ではありますが、前立腺廻りの臓器、膀胱の細胞を取って病理検査をするとのことでした。

 

そうなんです、転移があるのかどうかがまだわからないので、本当の意味ではまだ安心できないのです。

 

病理検査の結果が出るのは手術日から約1週間後、1月28日(火)頃です。

 

場合によっては、膀胱や尿道を取らないといけないと説明されました。その時は特に質問しなかったのですが、万が一転移していたとして、また全身麻酔をしての手術はコジロウに負担は無いのか、薬やサプリで腫瘍と上手く付き合っていくことはできないのか、頭の中で色々と考えてしまいます。その時になって考えれば良いことなのでしょうが・・・。

 

とりあえず、今は理想通り前立腺だけの摘出手術で無事終わったことで安心することにしました。

 

グロいので、前立腺の画像は載せません。

 

前立腺はピンポン玉ぐらいの大きさまで肥大していました。4~5倍ぐらい大きくなっていると説明されましたが、そのせいで尿道や腸を圧迫するので、おしっこやウンチの排出が難しくなるのですね。

 

f:id:pk-lc12:20200117122419j:plain

 

肥大した前立腺の他に病理検査に出す膀胱や腸の細胞もあります。また、数年前からコジロウの体のあちこちに出来ていた脂肪もついでに取ってもらいました。

 

CTの説明も受けました。
手術前のCT検査の結果と1か月前のCT検査を比較してみると、特に変わりがないということで手術を決行できたとのことでした。

 

先生の見解では、懸念されていた肺の小さい影が腫瘍ではなく石灰化と判断されました。もし腫瘍であれば、1ヶ月経つともう少し大きくなってくるはずですが、そのままの大きさなので石灰化ということです。

 

コジロウと対面

先生の説明が一通り終わり、病院を出ようとしましたが、

コジロウの麻酔が1時間ほどで切れるので会っていきますか?」と言われたので、

 

会っていきます!!」と返答し、待合室で1時間ほど待ちました。

 

そして・・・、コジロウの元へ。

f:id:pk-lc12:20200117123157j:plain

 

麻酔から覚めてはいますが、「コジロウ」と呼びかけても流し目程度で見るだけでした。うんうん、頑張ったからね、ゆっくり休んでね、と。

 

とにかく無事終わりました。

 

先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!! 

 

www.loscluza12.net

 

www.loscluza12.net